株式会社パテント・リザルトは2月12日、独自に分類した繊維・紙・パルプ業界の企業を対象に、各社が保有する特許資産を質と量の両面から総合評価した「繊維・紙・パルプ業界 特許資産規模ランキング2020」をまとめました。2019年4月1日から2020年3月末までの1年間に日本特許庁が登録した特許を対象に、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」を用いた評価を行い、企業ごとに総合得点を集計しました。

その結果、1位 東レ、2位 王子ホールディングス、3位 東洋紡となりました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000231060&id=bodyimage1


1位 東レの注目度の高い特許には「耐衝撃性に優れながら、特に高度な透明性、良好な色調を兼ね備えた熱可塑性樹脂組成物」や「心電図をはじめとする生体電気信号を測定する生体電極、および生体電極が固定された衣類」に関する技術が挙げられます。

2位 王子ホールディングスは「発酵工程に供された際に発酵効率を高め得る糖化液」や「黄変を抑制しつつ、組成物の透明性を高めた微細繊維状セルロース」に関する技術などが、注目度の高い特許として挙げられます。

3位 東洋紡の注目度の高い特許には「伸長しても高導電性を保持する伸縮性電極および配線シート」や「良好な巻取り性とピンホールや部分的な厚みばらつき等の防止を両立したセラミックグリーンシート製造用離型フィルム」に関する技術が挙げられます。

4位 大王製紙は「発熱量が大きくボイラーを劣化させ難いバイオマス由来燃料ペレット」、5位 ユニチカは「ゆず肌を発生させず均一な厚みのポリイミド(PI)フィルムを得られるガラス基板への塗工用溶液」などが注目度の高い特許として挙げられます。

詳細につきましては、ランキングデータ「繊維・紙・パルプ 特許資産規模ランキング2020」にてご覧いただけます。

■価格:50,000円(税抜)
お申し込みは下記URLをご参照ください。
https://www.patentresult.co.jp/news/2021/02/paper.html

■本件に関するお問い合せ先
株式会社パテント・リザルト 事業本部 営業グループ
Tel:03-5802-6580
Fax:03-5802-8271
ホームページURL:https://www.patentresult.co.jp/

■会社概要
社名:株式会社パテント・リザルト
住所:〒113-0033 東京都文京区本郷2-15-13 お茶の水ウイングビル5階



配信元企業:株式会社パテント・リザルト
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「【繊維・紙・パルプ】特許資産規模ランキング2020 トップ3は東レ、王子ホールディングス、東洋紡