株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のペットビジネス市場を調査し、セグメント別の動向、参入企業別動向、将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況

2019年度のペット関連総市場規模は、小売金額(末端金額)ベースで前年度比101.7%の1兆5,705億円と推計した。参入各社による高付加価値商品や猫向け商品の投入、 また、新型コロナウイルス感染拡大による外出自粛で、ペットシーツや猫砂などの消耗品を中心に家庭内在庫確保の需要が拡大したことにより、微増となった。

2020年度は新型コロナ禍で在宅時間が長くなり、ペットと過ごす時間が増えたことによる飼育者需要が拡大したことなどから、ペット関連総市場規模は小売金額(末端金額)ベースで前年度比103.4%の1兆6,242億円を見込む。

2.注目トピック~新しい生活様式でペット用品を中心に需要喚起

新型コロナウイルス感染拡大の影響により、新しい生活様式となるなか、ペット用品を中心とした飼育者需要が市場伸長の要因になっている。ペットシーツや猫砂などの消耗品を中心に家庭内在庫確保の需要が拡大したことに加え、新規飼育者需要やペットと過ごす時間が増えたことによるペットのケア関連用品需要拡大が挙げられる。

ペットを新規に飼い始めた時に必要となる、首輪や食器、ハウス、ケージといった用品分野の需要は新規飼育者を中心に伸長した。 また、在宅時間が増えたことで、ペットのケアに時間をかける飼育者が増加し、オーラルケア、ブラシ、タオル、耳掃除、セルフトリミングなどのボディケアの商品分野が拡大した。 ペットとのコミュニケーションとして、おもちゃやスナック(おやつ)分野も好調であった。 そのほか、掃除関連用品やウェットティッシュ、消臭剤など、ペットを衛生的にケアしたり、生活環境を改善したりする商品が伸長した。

3.将来展望

現下、外出自粛による新しい生活様式の広がるなか、ペット用品を中心とした飼育者需要は今後も継続するとみる。

また、ペットフード分野において、年々飼育者のプレミアム(高付加価値商品)指向が強まる傾向が見られる。この背景には外出自粛で旅行や外食への支出が減少したことで、ペットにより良いフードを与えたいと考える飼育者の存在があるものと考える。

こうしたことから、ペット関連総市場全体は、2020年度以降も拡大傾向を予測する。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2649

調査要綱
1.調査期間: 2020年11月~2021年1月
2.調査対象: ペットフードメーカー、ペット用品メーカー、卸売業者、小売業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話によるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2021年01月29日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230890&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社矢野経済研究所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「【矢野経済研究所プレスリリース】ペットビジネスに関する調査を実施(2021年)~2020年度のペット関連総市場規模は前年度比3.4%増の1兆6,242億円と伸長の見込~