ウェブサイト解析・改善ツール「SiTest(サイテスト)」を運営する株式会社グラッドキューブ(本社:大阪府大阪市 代表:金島弘樹 以下当社)は、株式会社マネーフォワード(本社:東京都港区 代表:辻庸介)に同ツール提供し、1月11日よりウェブサイトのUI/UX改善・コンバージョン率の向上支援を開始したことを発表いたします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230156&id=bodyimage1

株式会社マネーフォワード様は、「お金を前へ。人生をもっと前へ。」をミッションに、個人向けのお金の見える化サービス「マネーフォワード ME」や、法人向けのバックオフィスSaaS「マネーフォワード クラウド」などの提供を通じて、すべての人のお金の課題解決を目指しています。

現在は、クラウド型会計ソフト「マネーフォワード クラウド会計」のサービスページにて、SiTest をご利用いただいています。

■ アクセス解析ではわからない課題を発見するためヒートマップ導入を検討

株式会社マネーフォワード様が SiTest を導入するきっかけとなったのは、2020年に立ち上げたLPOチームにおける改善の体制づくりに着手したことです。
ウェブサイトの課題を発見するためにGoogle アナリティクスの整備を行うと同時に、並行してヒートマップツール の導入を検討されていました。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230156&id=bodyimage2

■ チームで課題への認識が揃い、実際のページ改善にも成功

SiTest 導入によって主に3つのメリットがあり改善に成功しています。

1. 改善点の共通認識がチームで揃った
ページ内で改善したいポイントは複数ある中で、離脱率・滞在時間が可視化されたことにより、施策の優先度が明確化された。
「まずは熟読されているメインビジュアルの改善に注力しよう」など、チーム内で改善方針を立てることに役立った。そのため、効果的にページ改善を進められる。

2. 導入ページで実際に数値改善ができた
SiTest のヒートマップ分析により、ユーザーの熟読している箇所が一目瞭然になる。
これをもとに、料金ページの熟読コンテンツにCVボタンを設置したり、離脱につながっているコンテンツを短縮したりすることで大幅な数値改善につなげることができる。

3.セッションリプレイでユーザーの動きがわかる
実際のユーザーの操作を録画して再生できる「セッションリプレイ機能」により、数字の裏付けとなる実際のユーザーの動きを見ることができる。そのため、課題の原因分析や、施策の検討に利用できるようになった。

■ 他製品も含めて全社的なサイト改善に活用
マネーフォワード様は、「マネーフォワード クラウド会計」以外にも多くのサービス製品を提供されています。当社は、今回得られた改善事例を活かして、今後もマネーフォワード様とともにウェブサイトの改善・効果検証を行ってまいります。

マネーフォワード様の導入インタビューの詳細はこちら
https://sitest.jp/casestudy/?p=18806

<企業情報>
◆ 株式会社グラッドキューブ

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000230156&id=bodyimage3

グラッドキューブでは、多くのお客様に貢献し、喜びの輪を広げていくため、「圧倒的にデジタルマーケティングに強い会社」を創り、トップクラスを誇るマーケティングソリューション事業とサイト解析・改善・開発を駆使して新たなステージへと挑戦し続けます。

社名:株式会社グラッドキューブ
所 在 地:大阪府大阪市中央区瓦町2-4-7 新瓦町ビル 8F
代表取締役CEO:金島 弘樹
事業内容:デジタルマーケティング支援事業、ウェブサイト解析・改善 SaaS 事業、メディア事業
URL:https://corp.glad-cube.com/

<報道関係の方からのお問い合せ先>
株式会社グラッドキューブ PR・広報 担当:財部(タカラベ)
TEL:06-6105-0315 / FAX:06-6105-0313
メールアドレス:support@sitest.jp



配信元企業:株式会社グラッドキューブ
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「マネーフォワードがウェブサイト解析・改善ツール SiTest(サイテスト)を導入し同社LPOチームの体制を改善