株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『ミッキー流 満室! 賃貸住宅経営』(CPM ミッキー 著)を2021年1月26日に発売いたしました。
――――――――――――――――――――――――――
賃貸住宅経営成功の秘訣はマーケティングにあり!
稼働率を上げて長期的に収益を確保するノウハウを解説
空室だらけの物件が満室になったミッキー流究極の成功事例も収録

なんらかの空室対策を講じても、なかなか効果が上がらず、今後の賃貸住宅経営の安定的な収益に対する不安を抱く賃貸住宅オーナーは少なくありません。
収益を高めるために多くのオーナーは物件の「入居率」を意識しますが、重要なのは「稼働率」であると著者は言います。稼働率とは「入居率」に「延べ月数」を掛け合わせたもので、その高い稼働率をどれだけ維持できるかがカギになります。
そこで本書では、物件の稼働率を上げるためのポイントを整理し、著者が考案した「臨界家賃」や「マトリックス分析」などのデータを駆使しながら、稼働率を上げる方法を紹介。空室だらけの物件が、ミッキー流のノウハウを導入したことによって満室になった事例も交えて、安定的な収益を得るための方法を解説します。

【書籍情報】
書 名:『ミッキー流 満室! 賃貸住宅経営』
著 者:CPM ミッキー(シーピーエム ミッキー)
発売日:2021年1月26日
定 価:1400円(税抜)
体 裁:四六判・並製/180ページ
ISBN :978-4-344-93096-4

【目次】
はじめに
第1章 賃貸住宅経営のカギは入居率ではない 「稼働率アップ」こそが成功の秘訣
第2章 稼働率を上げる方法(1) マーケティング思考で適正家賃を見極める!
第3章 稼働率を上げる方法(2) 長く住んでもらい、退居してもすぐに埋める
第4章 稼働率を上げる方法(3) 再投資で付加価値を高める
第5章 事例から見る「ミッキー流 満室経営」
第6章 満室経営で長期安定収入を得る
おわりに

【著者プロフィール】
CPM ミッキー(シーピーエム ミッキー)
本名、石橋正好。朝日不動産株式会社代表取締役。宅地建物取引士、二級建築士、マンション管理士、CPM(米国認定不動産経営管理士)、AFP(二級ファイナンシャルプランナー)、上級相続支援コンサルタント。1961年富山県生まれ。金沢大学工学部精密工学科卒業後、1983年に大手不動産会社である信開産業株式会社(現、アパ株式会社)に入社。1985年に朝日不動産に入社し2004年より現職。「自分が源となり、自分の周りに幸せを創り出す」を座右の銘として、富山県内の不動産業界を牽引。不動産オーナー向けのセミナーを多数開催している。2020年12月現在、約680名以上のオーナーから9000室を超える賃貸住宅の管理、運用業務を請け負っている。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000229701&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「賃貸住宅経営成功の秘訣はマーケティングにあり! 稼働率を上げて長期的に収益を確保するノウハウを解説 『ミッキー流 満室! 賃貸住宅経営』2021年1月26日発売!