株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内のホームファッション市場を調査し、現況、製品セグメント別の動向、将来展望を明らかにいたしました。

1.市場概況

2019年の国内ホームファッション小売市場規模は、前年比98.2%の3兆3,370億円と推計した。アイテム別にみると、プチギフト需要を捉えた「タオル製品」や、質の高い睡眠を得るための「ナイトウェア・ホームウェア」が好調となった一方で、その他の市場は前年から減少となった。
また、全体市場は前年より減少したものの、力を付けてきたベガコーポレーションなどホームファッションEC専業企業が自社のオリジナル商品で売上を伸ばすなど新しい勢力の台頭もあった。またニトリやイケアなど大手チェーン経営企業の都心部への出店が目立った。こうした店舗は集客力の高さに加え、ECサイト販売を活発にするためのショールーミング(showrooming)機能としての役割も担っており、今後の動向が注目される。

2.注目トピック~在宅勤務の広がりで、サブスクリプションサービスの需要が増加

働き方改革に加え、新型コロナウイルス感染拡大の影響による在宅勤務の広がりにより、ホームファッション市場においてもサブスクリプションサービスの需要が増加している。
特に、高価格帯の家具では、手軽なレンタルをきっかけに、品質やブランドを知ってもらうことが出来るため、各社ともビジネスチャンスと捉え、取り組みを強化している。
一方、ひとり暮らしや、結婚を機に家具を買い揃える若年層の利用も高まっている。

3.将来展望

2020年のホームファッション小売市場を、前年比101.4%の3兆3,845億円と予測する。2020年は新型コロナウイルス感染症により店舗を持つ小売企業は営業停止などで大きなマイナスの影響を受けた一方で、ECを展開する企業を中心に巣ごもり消費を捉えて販売が好調となった企業も多い。特に「ホームファニチュア」、「寝具」、「キッチンツール」などを展開する企業は軒並み好調となった。
在宅している時間が長くなったことで家の中のレイアウトや道具を見直す機会が増加したこと、リモートワークの導入も進んだことで関連用品の購入が多くなったことなどにより、例年以上に売上を伸ばした企業も少なくない。当面の間、ウィズコロナの生活が続くのであれば、ホームファッション関連の需要増加も長期化するものと考えられる。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2580

調査要綱
1.調査期間: 2020年8月~10月
2.調査対象: ホームファッション関連企業(メーカー・卸売業・小売業)
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに郵送アンケート調査併用
4.発刊日:
2020年10月28日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000226438&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社矢野経済研究所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「【矢野経済研究所プレスリリース】ホームファッション小売市場に関する調査を実施(2020年)~2020年のホームファッション小売市場規模は前年比101.4%の3兆3,845億円と増加を予測~