【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225851&id=bodyimage1


プラス株式会社(東京都港区 代表取締役社長 今泉忠久、以下 プラス)は、業界初の介護ワークシェアリングサービス「カイスケ」を展開するカイテク株式会社(東京都港区 代表取締役 武藤高史、以下 カイテク)に出資し、資本業務提携を締結。2020年11月11日より、2社協働による介護人材に特化した採用支援サービスを1都3県で開始いたします。

慢性的な雇用問題を抱える介護業界。今後はさらに大幅な人員不足が予測され、厚生労働省の発表では、2025年度末までに約40万人の介護人材の確保が必要となります※1。施設運営においても、介護報酬の支給(入居者3名に職員1名以上が必須)や、介護福祉士の雇用による処遇改善加算収入を左右し、人材の確保は経営に直結しています。

一方、介護職の有資格者は、フルタイムでの就職や、予め組まれたシフトの中で勤務するのは難しい、家事・育児との両立ができない等の事情を抱える人も多く、有資格者の3分の1が介護職で働いていない※2という数字にもそれが表れています。こうした背景の中、働き手の確保のためには、副業やスキマ時間を活用した就労ニーズの掘り起こしによる介護総労働力の向上が求められています。

そこで、これらの課題を解決するための一助として、プラスの介護・福祉施設向けデリバリーサービス「スマート介護」(https://www.smartkaigo.jp/)とカイテクの介護ワークシェアリングサービス「カイスケ」(https://caitech.co.jp/caisuke-lp/)が連携し、働きたい介護職の有資格者と介護施設をマッチングするWebサービスを1都3県(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県)の介護事業所向けに提供します。

◆スマート介護×カイスケ サービス紹介サイト:https://www.smartkaigo.jp/contents/kaisuke/index.php

「カイスケ」は、日本初のWeb上で「介護資格証の認証→仕事探し→仕事確定→勤怠管理→事業所/ワーカー評価→給与受取」(特許出願済)までを完結できるサービスです。今回の提携により、「スマート介護」を利用する施設は、日雇いで簡単・スピーディに直接雇用することが可能になり、「カイスケ」の利用者は、豊富な求人情報から自身の働き方にマッチした施設・時間帯を選ぶことができます。

「スマート介護」と「カイスケ」は、人材を必要としている施設と、空いた時間を有効活用して働きたい介護職の有資格者を直接マッチングすることで、雇用に伴う業務のデジタル化を図り、介護業界における人材活用を推進します。来年1月以降、順次全国展開を目指すとともに、施設の人材不足と介護スタッフの働き方に対して新たな価値を提供してまいります。

※1 ※2 厚生労働省 「介護分野の現状等について」より


■「スマート介護」とは

「スマート介護」は、プラスの社内カンパニー、ジョインテックスが文具事務用品店や介護・医療用品販売店と協働で展開する営業サポート付きデリバリーサービスです。

多忙な介護・福祉施設の職員の方々の時間や労力の軽減を支援し、本来業務に集中していただけることを目的に、2014年5月にスタートしました。その利便性が多くの施設から支持を得て、2020年9月現在32,000以上の施設にご採用いただいています。

-介護福祉施設へ翌日配送! スピーディな納期と明確な価格設定
-掲載メーカー885社の用品からPBまで、約21,000アイテムのワンストップショッピングを実現
-「お買い物サポートサービスCOREIL(コレイル)」や福利厚生サービスの提供など、経営サポートメニューも拡充
-専門知識を持った担当営業やお問い合せセンターがサポート
-レクネタも充実! レクリエーションアイテム約2,600点、無料ダウンロードレク企画書250種類をご用意
-レク企画書の中にはレシピ動画約100本をご用意! 動画を見ながら作品などが作れます

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225851&id=bodyimage2

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225851&id=bodyimage3


■「カイスケ」とは

施設の人材不足解決に向け、Web上で仕事探しから給与受け取りまですべてが完結する、業界初の介護ワークシェアリングサービスです(特許出願済)。

-有資格者(介護福祉士・リハビリ職等)の介護ワーカー限定で登録ができ、応募まで最短30秒というスピードを実現。応募当日、数時間単位から働くことができます。
-施設側は、入浴介助、夜勤などさまざまな介護業務で急な欠員や退職者が出てシフトが組めない、入浴時間帯・夜間が人手不足になるなど、状況に合わせて数時間単位からの求人が可能です。導入する際の初期費用は無料ですので、実際にワーカーの勤務が完了するまでは費用がかからず、安心してご利用できます。
-サービススタートから約半年で、登録ワーカー数1,500名以上、登録事業所数120件以上を突破。仕事出稿から最短で3分マッチングも実現。主に、特養、老健、有料、グループホーム、デイ、小多機、訪問入浴の事業所様にご利用いただいています。
-経産省「ジャパンヘルスケア・コンテスト」アイデア部門グランプリ受賞ほか、各方面から高い評価を得ています。

■カイテク株式会社 会社概要 (https://caitech.co.jp/
代表取締役  武藤高史
本社所在地  〒107-0052 東京都港区赤坂2-8-15
設立年月日  2018年2月9日
提供サービス
・「カイスケ」介護ワークシェアリングサービス ※特許出願済
・「バーチャル施設見学&MEO」介護業界特化の採用/集客Webツール


*文中の会社名、商品名は各社の商標または登録商標です。
*本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

<お問い合わせ先>
(報道関係)
【プラスについて】
プラス株式会社 コーポレート本部  広報・宣伝室 藤原
Tel:03-5860-7012   Fax:03-5860-7070
広報事務局
Tel:03-5251-4779   Fax:03-3504-8651

(お客様)
プラス株式会社 ジョインテックスカンパニー Tel:0120-535-071



配信元企業:プラス株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「プラス、業界初の介護ワークシェアリングサービスと連携「スマート介護」×「カイスケ」で介護現場の人手不足を解消 ― 1日数時間単位で就労可能な仕組みで休眠資格者もより働きやすく ―