マーチャント・バンカーズ株式会社は、令和2年11月9日付で、特定建設業の認可を受けたアスミ建設株式会社(群馬県高崎市鶴見町 6 番 11 号、代 表取締役 藤井諭氏)との間で、協働して建設業への取組みを行うことを決定し、業務提携契約書を締結 いたしましたので、以下のとおりお知らせいたします。
なお、本件は、東京証券取引所における適時開示基準に該当しないため、開示事項・内容を一部省略し ております。
a.業務提携の理由 マーチャント・バンカーズ株式会社は、投資会社として、大都市部のマンションへの投資により、堅固な収益基盤を構築してまいり
ましたが、さらに収益性が高く、また、不動産事業とのシナジーの期待できる分野へ事業を展開すべく 業務提携先について検討しておりました。
昨今、各地で自然災害に見舞われた地域が増加している中、マーチャント・バンカーズ株式会社は、成長性の期待できる事業として、 建設業に注目し、今般、特定建設業の認可を受けたアスミ建設株式会社との業務提携により、建設業に 本格的に取り組むことといたしました。
b.業務提携の内容等
アスミ建設株式会社は、2018 年 5 月に設立されたばかりの建設会社ではありますが、すでに発注者か
ら直接工事を受注する元請となることのできる特定建設業の認可を受けております。 これまで、アスミ建設株式会社は、資金力の制約から規模の大きい工事を受注することができません でしたが、工事案件ごとにマーチャント・バンカーズ株式会社とアスミ建設株式会社で共同事業体を組成し、マーチャント・バンカーズ株式会社から必要な資金を拠 出することにより、共同事業体として資金力の制約を受けることなく、数億円規模の工事を元請けとして受注することが可能となります。 マーチャント・バンカーズ株式会社は、アスミ建設株式会社と組成する共同事業体を通じ、さまざまな工事を受注することにより、グループとして、建設業に取組んでまいります。 また、マーチャント・バンカーズ株式会社とアスミ建設株式会社との共同事業により、リノベーション事業、土地の取得、戸建及びマンション開発も手掛けてまいります。これにより、不動産事業全般を事業として総合的に展開してゆ く体制が整いました。
今後の見通し
2021 年 3 月期の業績に与える影響は軽微であると考えておりますが、重要な影響を与える事象が生
じましたら、改めて開示させて頂きます。 以上



配信元企業:マーチャント・バンカーズ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「アスミ建設株式会社との業務提携に関するお知らせ