ホクレン農業協同組合連合会(本所:札幌市中央区北4条西1丁目3番地、代表理事会長:篠原 末治)は、株式会社でほぎゃらりーの背景職人7名によるホクレン2021年カレンダー「つなぐ」を作成しました。スタジオジブリ作品や「この世界の片隅に」など、多くのアニメ作品を支えてきた背景職人たちがそれぞれの個性で北海道農業を描いています。農業・酪農の現場で多くの人が協力し、食を支えている姿を通じて、忘れがちな人と人のつながりや協力する大切さを感じられるカレンダーとなっています。このカレンダーは会員JA関係者ならびにお取引先等を対象とした非売品となりますが、今回、このカレンダーを抽選で200名様にプレゼントいたします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225091&id=bodyimage1

カレンダーの特徴
人と人が協力して食をつないでいることをテーマに、季節ごとの農作業風景の中で、生産者が協力して作業している姿を描いています。人と人が繋がることで「食」をつないでいることをテーマとしています。

カレンダーを描いたのは「でほぎゃらりー」
2015年7月ドワンゴ、カラー、スタジオポノックの3 社が協力し設立された背景美術スタジオ。現在15名の絵描きが在籍し、スタジオジブリで数々の名作に美術監督として携わってきた男鹿和雄氏、武重洋二氏をアドバイザーに迎え、絵具と筆によるアナログ技術と、デジタル技術の両方を備えた次世代の絵描きが集えるスタジオを目指す。参加作品は「メアリと魔女の花」「未来のミライ」「この世界の片隅に」「プロメア」「シン・エヴァンゲリオン劇場版」など、アニメーションを中心に、ゲームのコンセプトアート、広告など、幅広く手掛ける。
今回、ホクレンのオリジナルカレンダー制作に企画段階からご協力を仰ぎ、北海道の農風景、農作業における人のつながりをテーマに作品を制作していただきました。

東京三鷹 しろがねGalleryでパネル展「つなぐ展」を実施
以下の日程で「でほぎゃらりー」の所在地、三鷹でパネル展を行います。
日時:11月13日(金)~18日(水) 11:00~19:00
会場:しろがねGallery
東京都三鷹市下連雀3-29-1
交通機関:JR三鷹駅南口 徒歩5分 しろがね通り沿い
※ご来場の方はマスク着用、設置のアルコール消毒液で手指の消毒をお願いします。
※お客様には芳名帳への記入をお願いいたします。
※ギャラリー内にお入りいただけるお客様を3名様までとさせていただきます。人数が多いときは外のウッドデッキでお待ちいただきます。
※新型コロナウイルス感染予防も考慮し、24時間ギャラリーの外からご覧いただけるように配慮しています。

抽選で200名様にカレンダーをプレゼント
当カレンダー(非売品)をWEBからのお申し込みで200名様にプレゼントいたします。
応募受付:https://willap.jp/p/hokuren2021/present/
応募期間:2020年11月1日(日)~11月30日(月)
発送:2020年12月上旬より順次当選者に発送いたします。
当選発表:当選の発表は商品の発送をもってかえさせていただきます。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000225091&id=bodyimage2

【ギャラリー展示・カレンダープレゼントに関するお問い合わせ先】
株式会社イロイロ ホクレンカレンダー2021プレゼント事務局
e-mail:info@hokuren2021.jp
※本プレゼント・展示会はホクレン農業組合連合会から委託され、ホクレンカレンダー2021プレゼント事務局が実施しています。
※プレゼントの受付はホクレン農業組合連合会から委託されホクレンカレンダー2021プレゼント事務局(info@hokuren2021.jp)が株式会社サパナのWiLL Formを使用して実施しています。





配信元企業:ホクレン農業協同組合連合会
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「スタジオジブリ作品などの名作アニメを彩った背景職人7名による 北海道農業を描いたホクレンカレンダーを200名様にプレゼント 11月13日(金)~18日(水)より東京三鷹でパネル展示も開催