総合品質保証のリーディングカンパニー インターテックグループの日本拠点であるインターテックジャパン株式会社(以下「インターテック」、所在地:東京都港区、代表取締役 木村朋聡)は、防爆構造電気機械器具向け国内防爆(JPEx)の型式検定申請サービスを2020年9月1日(火)から開始しました。

インターテックで取扱いを開始する国内防爆(JPEx)の型式検定は、防爆構造電気機械器具に係る型式検定に限定されます。検定は外部の協力機関が行い、合格すると「防爆構造電気機械器具型式検定合格証」が発行されます。型式検定では、試験サンプルをご提供いただき、試験評価を行いますが、既に試験レポートをお持ちの場合は、それら試験レポートを活用して検定を受けることも可能です。

【国内防爆とは】
可燃性ガス又は引火性の物の蒸気、若しくは可燃性粉じんによる爆発の危険性が高濃度になる恐れがある場所、又は爆発性の粉じんが存在して爆発の危険性がある場所で使用する電気機械器具は、防爆構造電気機械器具を使用しなければならないと労働安全衛生規則 第280条、281条及び282条で定められています。これら防爆構造電気機械器具の検定は、型式検定で行われます。

【型式検定とは】
型式検定とは、機械等の型式ごとに行われる検定のことです。「防爆構造電気機械器具型式検定合格証」に記載された有効期間内であれば、その型式の製品を製造又は輸入することができるようになります。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000222185&id=bodyimage1


【検定対象となる防爆電気機器】
■ 回転機類:交流(または直流)電動機
■ 変圧器類:油入(または乾式)変圧器やリアクトル、計器用変成器など
■ 開閉器具、制御器具類:配線用遮断器、操作用小型開閉器、金属抵抗器、制御盤、操作盤、分電盤など
■ 照明器具類:白熱灯、蛍光灯、高圧水銀灯、LED灯、電池付携帯電灯など
■ 計測器類:伝送器、可燃性ガス警報器、ひずみ計、熱電対、流量計など
■ その他:信号装置、通信装置、車両用蓄電池、整流器、差し込み接続器など

【検定の流れ】
基本的な流れは次の通りとなりますが、詳しくはお問い合わせください。
■ 検定費用の見積提示
■ 書面またはメールにて業務開始依頼お申込み
■ 申請書のご準備
■ 委託検定機関にて検定審査実施
■ 委託検定機関にて製品試験および製造検査設備の確認(必要な場合)
■ 費用のお支払
■ 審査終了後に型式検定合格証の発行・送付

【インターテックジャパンとは】
インターテックグループはイギリスに本部を置き、100ヶ国以上にある試験所やオフィスとのネットワークにより、世界中のあらゆるビジネスシーンにおいて、高品質で安全性の高い品質保証や認証サービスを提供する世界中のお客様から信頼をいただいている第三者認証機関です。インターテックジャパン(電気・電子機器部門)では、製品の安全試験と認証サービス、電磁波適合(EMC)試験、それらに関連する校正サービスを提供しています。

【会社概要】
会社名:インターテックジャパン株式会社
代表者:代表取締役 木村朋聡
所在地:東京都港区海岸3-18-1ピアシティ芝浦ビル4F
TEL:03-6435-3434(代表)
URL:http://ew.intertek-jpn.com/
EMail:info.etls-japan@intertek.com
事業内容:電気・電子機器の試験・認証サービス、校正サービス





配信元企業:インターテックジャパン株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「総合品質保証のリーディングカンパニーであるインターテックが、防爆構造電気機械器具向け国内防爆(JPEx)の型式検定申請取扱いを開始