Research Nester Private Limitedは調査レポート「酵素変換グルコースシロップ市場:世界的な需要の分析及び機会展望2027年」2020年9月 08日 に発刊しました 。レポートは、企業概要 、製品種類、販売量 、市場規模 、メーカ概要 、市場シェア 、などが含まれています。

調査レポートには、業界の成長ドライバー、制約、需要と供給のリスク、市場の魅力、前年比(YOY)の成長の比較、市場シェアの比較、BPS分析、SWOT分析、ポーターの5フォースモデルなど、いくつかの著名な市場分析パラメーターも含まれています。

酵素変換グルコースシロップは、食品にボリュームとテクスチャーを追加しながら食品甘味料として使用されるシロップの一種を指します。これらのシロップは、食品のグレードに応じて9%~45%のさまざまな量のグルコースを含み、酵素を利用してデンプンをグルコースに変換することで作られます。デンプン甘味料の味、色および食感に起因することにより、飲料、乳製品および菓子類のような多くの分野でそれらの使用法を見出します。

その適応品質に加えて、グルコースシロップは、食品および飲料業界のさまざまな製品で検討されています。デンプンから作られ、それぞれ独自の特定の開発特性を持っています。グルコースシロップは、主に朝食用食品、ベーカリー製品、醸造などの製菓において、抗結晶化の役割と甘味能力のために役割を果たしています。ブドウ糖シロップは、構造上の変換によってトウモロコシデンプンをブドウ糖に変換する加水分解から作られます。

甘味料の需要は、ソフトドリンク産業の発展を拡大すると主張しています。酵素変換されたグルコースシロップ市場は、2018~2027年の予測期間中に約7%CAGRで拡大すると予想されます。

酵素変換グルコースシロップは、抽出物、フレーバー、フロスティングとアイシング、ジャム、ゼリー、加工食品、ベーカリー製品、飲料、缶詰ジュース、冷凍デザート、缶詰フルーツ、増粘剤、調味料、保存料などにさまざまな用途があります。米国、中国、ヨーロッパなどの地域の急速な都市化は、酵素変換グルコースシロップ市場の成長を牽引しています。都市部の人口は健康とその相対的なサプリメントに対してより意識的になっています。都市に住む人口のこの変化するライフスタイルは、予測期間中に酵素変換グルコースシロップの成長を増加させる可能性があります。

レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.com/sample-request-627

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000222102&id=bodyimage1

酵素変換グルコースシロップ市場は、業種別(加工食品、飲料、医薬品など)、製品タイプ別(スイーテナー、加工デンプン)、流通チャネル別(スーパーマーケット、オンラインストア、食料品)などによって分割されています。さらに、レポートは、各セグメントとそのサブセグメントの詳細な分析に焦点を当てています。

酵素変換グルコースシロップ市場は、北米、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、アフリカなどにに地域よってに分割されています。

酵素変換グルコースシロップ市場は、地域に基づいてさらに区分されます。
。北米(米国およびカナダ)市場規模、Y-O-Y成長、機会分析。
。ラテンアメリカ(ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、ラテンアメリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
。アジア太平洋(中国、インド、日本、韓国、インドネシア、マレーシア、オーストラリア、ニュージーランド、アジア太平洋)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
。中東及びアフリカ(イスラエル、GCC(サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、クウェート、カタール、オマーン)、北アフリカ、南アフリカ、中東およびアフリカのその他の地域)市場規模、Y-O-Y成長及び機会分析。
食料品と消費財の増え続ける需要の注目すべき要因の一つは、世界中の人口の増加です。2020年5月現在、世界の人口は約78億人と推定されており、中国が最も人口が多く、次いでインド、アメリカが続きます。さらに、FAO(米国食糧農業機関)の統計によると、総土地面積の3分の1は2016年の農業に使用され、2015-2030年の間に、世界の年間作物生産量は1.4%で成長するとと予測されます。これらの要因は酵素変換グルコースシロップ市場の成長に大きく貢献しています。生産、保管、表示、包装、保管、その他の重要な機能、または世界経済の形成、FMCGおよび食品業界は、消費者の基本的なニーズに大きく貢献しています。酵素変換グルコースシロップ市場の調査レポートは、クライアントが成長指標、課題、傾向、機会などのさまざまな側面と、ビジネスの成長を促進するために、市場に関連する可能性のあるリスクと戦略的洞察を理解するのに役立ちます。

レポートのプロファイリングには、事業の概要、製品とサービス、主要な財務状況、最近のニュースと開発など、企業の主要な情報が含まれています。「酵素変換グルコースシロップ市場」というタイトルのレポートは、酵素変換グルコースシロップ市場業界全体を分析し、新規参入者が市場の詳細を理解するのに役立ちます。

主要企業
さらに、このレポートは、拡大を求めている既存のプレーヤーと、近い将来の酵素変換グルコースシロップ市場への投資を求めている主要な投資家にも役立ちます。酵素変換グルコースシロップ市場における業界のリーダーはTate & Lyle、Burgosano S.L.、AL Monairy、Archer Daniels Midland、American Crystal Sugar、Cargill、Avebe、Ingredion Incorporated、Ajinomoto Company、Grain Processing Corporationなどです。
Research Nester Private Limited会社概要

https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/enzyme-converted-glucose-syrups-market/627


[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com



配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「酵素変換グルコースシロップ市場ー業種別(加工食品、飲料、医薬品など)、製品タイプ別、流通チャネル別-グローバルな需要分析と機会の見通し2027年