株式会社共達(本社:東京都港区、代表者:金 放/以下共達)は、コストパフォーマンスに優れた検温機能付き顔認証入退室ソリューション『SR-Face』の販売を開始することをお知らせします。
『SR-Face』の顔認証精度は99.7%、認証速度は0.5sec、また顔画像登録数は最大10,000人で、マスク着用時も正確な顔認証が可能です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000222006&id=bodyimage1

【背景】
コロナ禍、Afterコロナの時代に必要な、“非接触”を実現する非接触式生体認証を駆使し且つ検温も可能な顔認証入退室ソリューションであり、紛失リスクのあるICカードや鍵などとは異なり、事前登録済み人物以外の入退室を直接ブロックし、且つ指タッチなどと異なり接触回避に重点を置いたシステムが背景となっています。

【特筆する機能】
顔認証システムは入退室が絡む以下のような種々のステージで使用可能です。

(1) 入退室時に顔認証で個人が特定可能なため、入退室時刻と共に処理することで出退勤管理ができ、また在室状況をスマートフォンでのリアルタイムな確認も可能です。
(2) 電磁錠などと信号送受信による施錠及び解錠処理が可能です。
(3) クラウドを使用したネットワーク型とスタンドアロン型の2つのタイプをご提供することで、用途に合わせたシステム構築が可能です。
(4) 検温機能により、設定体温よりも高い方の入室拒否や在室人数制限などの管理が可能です。
(5) 入退室する人が確定している公共施設やスポーツセンタやジムまた学校、介護施設などの多くの入退室管理も会員登録で、写真を提供するだけで、簡単に素早く顔認証における入退室許可を与えることが可能です。
不特定多数が入退室する一般店舗や病院などでもスタッフの出退勤管理ができ、不特定多数者には検温機能を使用することなど、施設により色々な利用場面が考えられます。
(6) 特殊機能として、例えばコンビニやスーパーなど不審者を特定した、警告を発することが可能です。

【更なるニューノーマル時代に向かって】
共達は人・物・環境にやさしいサステイナブルシティ(sustainable city:環境への影響に配慮した都市づくり)を目指したサステイナブル入退室ソリューションを目指して本ソリューションを今後も改善してまいります。

【『SR-Face』の主なサービス提供市場】
『SR-Face』は、入退室管理が必要な種々の場面でご活用いただけます。例えば、企業及び公共の各種施設(会議室、スポーツ施設、図書館、ホール、劇場、マンションの出入り口)など

【『SR-Face』販売について】
販売開始予定:2020年9月1日より販売
販売価格:初期導入費、工事費用、ライセンス費用などが必要です。
月額利用費用型又は買取でのご提供も可能ですので、お問合せ下さい。
※本システム導入に当たり各都道府県で定めた助成金制度をご活用いただくと、大幅なコスト削減が可能となります。
(例) 中小企業様が「新しい生活様式」や「生産性向上」、「非接触」を目的とした備品購入や工事を実施する場合の助成金

販売目標:2021年度までに1,000台の導入
__________________________________________________________________
株式会社 共達
〒105-0014 東京都港区芝1-9-3芝マツラビル3F
代表取締役社長:金 放
設立:1998年
資本金:9980万円
www.cncsys.co.jp
《本リリースに関するお問い合わせ先》
ソリューション事業部
TEL:03-5419-3550
E-mail:sr-sol@cncsys.co.jp



配信元企業:株式会社共達
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「コロナ禍、Afterコロナ時代に要請される非接触を実現する検温機能付き顔認証入退室ソリューション『SR-Face』(Smart Recognition-Face)の販売を開始