【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221957&id=bodyimage1

株式会社三笠書房(東京都千代田区/代表取締役:押鐘太陽 http://www.mikasashobo.co.jp )は、8月21日『改訂新版 人間 この未知なるもの』著者アレキシス・カレル、編集江藤裕之、翻訳渡部昇一を、アマゾンキンドル電子書籍ストアで配信開始いたしました。


■『改訂新版 人間 この未知なるもの』著者アレキシス・カレル、編集江藤裕之、翻訳渡部昇一
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/31Z2ANO
・アマゾン書籍   https://amzn.to/3gY8IKJ


人間の中にある広大な「未知の世界」。
実際、われわれは、本当に何も知らない…。

人間は進化しているのか。
退化しているのか。
科学は真の幸福をもたらしたか。

ノーベル生理学・医学賞受賞の著者が「人間」を総合的に捉え、
われわれの可能性とその未来を生理学的・哲学的に考察。
出版数年にして18カ国に訳され1千万部を突破、
今なお多大な影響を与えている知的興奮に満ちた名著。
今こそ一番に読むべき本。
佐藤優氏、絶賛!

★ニューヨーク・ヘラルド・トリビューン評
本書はこれまで多くの読者の心に新たな希望と勇気、人生への力強い信念を与えてきた。
この高名な科学者は、その豊かな経験と、人間の精神に関する該博な知識を余すところなく尽している。
われわれの未来を導く鋭い考察、叡智にあふれた人生哲学がここに!

★渡部昇一
このような本を前にして胸の躍らない人は、よっぽどどうかしている

■著者 アレキシス・カレル(Alexis Carrel)
フランスに生まれる。ノーベル生理学・医学賞受賞、医学の発展に不滅の足跡を残す。
また、人間の本性と未来を考察した本書『人間 この未知なるもの』は
出版数年にして18カ国語に翻訳され、いまなお多くの読者に多大な影響を与えている。

■渡部昇一(わたなべ・しょういち)
上智大学名誉教授。英語学者。深い学識と鋭い論評で知られる。
著書に『知的生活の方法』(講談社現代新書)他多数。
また、訳書として本書をはじめ、『自分の時間』(アーノルド・ベネット)、
『自分を鍛える! 』(ジョン・トッド)、『歴史の終わり』(フランシス・フクヤマ)、
『「頭のいい人」はシンプルに生きる』(ウェイン・W・ダイアー、いずれも三笠書房)などがある。

■江藤裕之(えとう・ひろゆき)
東北大学大学院国際文化研究科教授。1963年、福岡県生まれ。上智大学外国語学部英語学科卒業。
同大学院にて社会学、英文学の修士課程を修了後、ジョージタウン大学に留学し、2000年Ph.Dを取得。
02年上智大学より博士(文学)を取得。西洋精神史・学問史の立場から言語学の歴史を研究し、
日本人のための英語教育の構築を試みる。英語学を渡部昇一教授に師事。
著書に『英文法のエッセンス』(大修館書店)、『グローバル・エリート教育』(渡部昇一他との共著、PHP研究所)他多数。


■『改訂新版 人間 この未知なるもの』著者アレキシス・カレル、編集江藤裕之、翻訳渡部昇一
・キンドル電子書籍 https://amzn.to/31Z2ANO
・アマゾン書籍   https://amzn.to/3gY8IKJ


─────■ プレスに関するお問い合わせ先 ■─────
社 名:株式会社三笠書房
ホームページ:http://www.mikasashobo.co.jp/
フェイスブック:https://www.facebook.com/mikasashobo?fref=ts
ツイッター 編集:https://twitter.com/tw_mikasa
ツイッター 営業:https://twitter.com/mikasashobo
ツイッター デジタル:https://twitter.com/mikasabooksjp
三笠書房ドリームニュース記事一覧:http://www.dreamnews.jp/company/0000007063/
所 在 地:〒102-0072 東京都千代田区飯田橋3-3-1
T E L:03-5226-5738

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221957&id=bodyimage2



配信元企業:株式会社三笠書房
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「出版数年にして18カ国に訳され1千万部を突破、今なお多大な影響を与えている知的興奮に満ちた名著『改訂新版 人間 この未知なるもの』を、アマゾンキンドル電子書籍にて配信開始。