当資料は、全固体電池ならびにポストリチウム電池といわれる次世代電池の開発状況と実用化の見通し、及び今後の市場予測、さらには各社の次世代電池の開発状況と事業戦略についてレポートしたもの。近年、車載用を中心としてリチウムイオン二次電池(LiB)の需要が世界的に拡大している。安全性や性能面、資源面での課題が見えてきている中、LiBの材料を改良した全固体電池や、LiBとは異なる技術・素材で新価値を提案するポストリチウム電池の開発が加速している。

概要
◆近年、車載用を中心としてリチウムイオン二次電池(LiB)の需要が世界的に拡大している。その一方で、安全性や性能面(エネルギー密度、充電速度など)、資源面において課題が見えてきている。そうした中、LiBの材料を改良した全固体電池や、LiBとは異なる技術・素材で新価値を提案するポストリチウム電池の開発が加速している。

◆その中でも、全固体電池は今後の電気自動車(EV)の普及に不可欠な電池として注目され、2020年で量産化される見通しにある。この他、全樹脂、レドックスフロー、クレイ型電池も2021年までに実用化される見通し。空気電池についても、2025年以降に実現される予定。その結果、次世代電池の市場は2030年には1兆円規模、2040年には2兆円を超える規模への拡大が予測される。

◆次世代電池の想定用途としては、モビリティ(輸送機)用途、民生用途、産業用途を軸に展開が進む。具体的には、モビリティ(輸送機)用途では電気自動車(EV)、民生用途ではIoT、ウェアラブル機器や定置用蓄電池、産業用途では大型定置型蓄電池を中心とした需要が期待できる。

◆本調査では、全固体電池ならびにポストリチウム電池といわれる次世代電池の開発状況と実用化の見通し、及び今後の市場予測、さらには各社の次世代電池の開発状況と事業戦略についてレポートしている。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221461&id=bodyimage1

TPC市場調査レポート
「2020年 次世代電池の開発と市場予測」
―ポストLiBの期待が高まる次世代電池とは?―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr410200528
資料体裁:A4判145頁
発刊日:2020年8月28日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531



配信元企業:TPCマーケティングリサーチ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 次世代電池の開発と市場予測について調査結果を発表