アイティメディア株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大槻利樹)は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴うテクノロジー動向の変化に注目し、「コロナ禍におけるクラウド活用に関する読者調査」(N=833、2020年6月8日~6月22日)を実施しました。調査結果からは、長期化するコロナ禍に対し、やむをえず導入されたテレワーク下での業務環境の改善に向け、多くの企業でクラウドサービスの需要が高まっている様子が明らかになっています。こうしたニーズの変化を受け、当社は本日、クラウドコンピューティング利用者のための専門情報サイト「Cloud USER by ITmedia NEWS(https://www.itmedia.co.jp/news/subtop/clouduser/)」のリニューアルを行い、コンテンツの強化を実施いたします。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221442&id=bodyimage1

■調査結果の概要
ITmedia NEWS 読者意識調査 「コロナ禍におけるクラウド活用に関する読者調査」
・回答収集期間:2020年6月8日~6月22日
・調査方法:ITmedia NEWSで告知したWebアンケート
・有効回答数:833件(有職者のみ)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221442&id=bodyimage2

今回の調査では、ITmedia NEWSの読者833名(有職者のみ)から回答を得ました。属性として、46.2%はIT関連の職種です。
回答者のうち87%がテレワークを導入しています。テレワーク導入に伴う懸念点としては、「通信ネットワークの速度が遅い」、「社員のリモートアクセス環境が不十分」など基本的なインフラについての課題が多くなっていますが、それらに続いて「コミュニケーションが取りづらい」、「電話対応が難しい」、「労務/勤怠管理がしづらい」など、テレワークに移行した後の業務上の不満が挙げられています。こうした課題に対し、35.2%はIT投資によって積極的に解決を図ろうとしており(「ITシステムへの投資額を拡大する」または「投資対象を変える」)、そのための投資対象として第一に「クラウドサービス」を挙げています。



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221442&id=bodyimage3

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221442&id=bodyimage4

新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、十分なインフラ、業務環境が整わない中でも多くの企業が半ば強制的にテレワークの導入に踏み切りました。以降、状況が長期化していく中でコミュニケーションをはじめとしたさまざまな課題が浮き彫りとなり、その解決のために後追いで業務環境の整備が進められ、テレワークと相性の良いクラウドサービスの需要が急拡大していると考えられます。

■「Cloud USER by ITmedia NEWS」の強化
このような動向を受けて、当社が運営するクラウドコンピューティング利用者のための専門情報サイト「Cloud USER by ITmedia NEWS(https://www.itmedia.co.jp/news/subtop/clouduser/)」においてもアクセスが顕著に増加しており、2020年7月には月間150万PVを突破するなど成長を続けています。

当社では、こうした情報ニーズの変化に対応し、メディア・サービスの強化を図るべく、本日サイトデザインを一新し、新たなコンテンツの投入を行います。

こうした取り組みにより、情報ニーズの高いコンテンツを強化し、より多くの読者の獲得を図る一方、連動した広告提案を強化するなど、クラウドサービスベンダーのマーケティングニーズにも応えることが可能となります。

<コンテンツ強化例>
・新コーナー「深掘り解説」
クラウドベンダーの動向や技術トレンドを深掘りする新コーナーです。

主な掲載記事:
SIを封印して“なるべく作らない” NECの「政府向けクラウド」独自戦略
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/28/news024.html

・特集「コロナ時代のクラウド活用」第一回
コロナ禍でテレワーク普及も、日本はクラウド後進国のまま? その裏にあるSI業界の病理
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2007/27/news034.html

・特集「コロナ時代のクラウド活用」第二回
「リモートアクセスできない」――コロナ禍のテレワーク、ITインフラの課題が浮き彫りに 打開策は「クラウド」が首位
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2007/29/news040.html

・クラウド活用事例
仮想サーバ17万台、物理サーバ9万台 「ヤフオク!」「Yahoo! JAPAN」を支えるヤフーのITインフラ運用術
https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2008/13/news042.html

今回の新型コロナウイルス禍に対し、当社はオンライン専業、テクノロジー専門のメディア企業として社会的な責任を意識した継続的な情報発信に取り組み、社会がテクノロジーの活用によって今回の危機を乗り越えていけるよう貢献してまいります。
以上
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
リリースページ:https://corp.itmedia.co.jp/pr/releases/2020/08/28/cloud_covid19/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<本件に関するお問い合わせ>
アイティメディア株式会社 広報担当
お問い合わせURL: https://corp.itmedia.co.jp/pr/inquiry/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■アイティメディア株式会社について   https://corp.itmedia.co.jp/
テクノロジー関連分野を中心とした情報やサービスを提供する、インターネット専業のメディア企業。月間約3,500万ユニークブラウザで利用されています。IT総合情報ポータル「ITmedia( https://www.itmedia.co.jp/ )」、企業向けIT製品の総合サイト「キーマンズネット( https://www.keyman.or.jp/ )」、ITエキスパートのための問題解決メディア「@IT(アットマーク・アイティ、 https://www.atmarkit.co.jp/ )」をはじめ、ターゲット別に数多くのウェブサイトを運営。ITとその隣接領域を中心に、各分野の専門的なコンテンツをいち早く提供します。
[東証第一部、証券コード:2148]

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221442&id=bodyimage5



配信元企業:アイティメディア株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「【調査報告】 長期化するコロナ対策としてクラウド需要が急拡大 ~専門情報サイト「Cloud USER by ITmedia NEWS」のコンテンツを強化~