ITを活用したヘルスケア事業を展開する株式会社エヌ・エイ・シー(所在地:東京都港区、代表取締役:山崎 直人)は、千葉県千葉市より「令和2年度 健診結果のお知らせ 企画制作及び発送業務」を受託したことを2020年9月4日に発表しました。

【千葉市の課題】
千葉市では、医療費全体に占める生活習慣病の割合が約3割を占め、また各疾患の中で医療費が上位である慢性腎不全、糖尿病、高血圧症、脂質異常症、虚血性心疾患、脳血管疾患の6疾患を合わせると、医療費全体
の4分の1に達するという状況になっています。医療費適正化の観点からも生活習慣病をはじめとした基礎疾患が重症化する前に適切な治療を受け、軽症のうちに状態を改善していくことが喫緊の課題となっていました。

【「健診結果のお知らせ」とは】
今回の「健診結果のお知らせ」は、過去に特定健康診査の受診歴がある人に対して、個人別の健診結果が掲載された「健診結果のお知らせ」を作成し、将来を見据えた生活習慣病予防に繋げるための健康管理を促し、次の特定健康診査受診の動機づけとするものです。

【エヌ・エイ・シーの「健診データを活用した個別受診勧奨・通知サービス」の特長】
エヌ・エイ・シーの「健診データを活用した個別受診勧奨・通知サービス」は、保険者からお預かりした健診データを突合・分析し、個人の健診結果に基づいた個別の生活習慣改善アドバイスを送付できるサービスです。
通知シートには過去から直近の健診結果推移が一目でわかるようなグラフが表示され、自分自身の健康状態の変化を自覚しやすいようになっています。あわせて、個人の健診結果に基づいた、医師監修の「生活習慣改善アドバイス」が提供されます。

【千葉市での取り組み】一律の健診結果通知ではなく、自覚を促し次回受診にも繋げる「個別のお知らせ」
今回エヌ・エイ・シーは、千葉市の「令和2年度健診結果のお知らせ 企画制作及び発送業務」を受託いたしました。
「健診結果のお知らせ」には、対象者の健診結果がわかりやすく表やグラフを用いて表示されていることで自身の健康状態やその推移を把握でき、また特定健康診査について次回も受診する動機付けとなるようなデザインが盛り込まれる予定です。千葉市ではこれまでのような一律ではない「健診結果のお知らせ」を、健診を積極的に受診していただきたい層に個別に送付することにより、対象となった被保険者の方が一人でも多く自身の健康状態を把握し、より早く生活習慣の改善に取り組んでもらいたいと考えています。

株式会社エヌ・エイ・シーについて
ヘルスケア分野におけるITの活用をベースとしたソリューションやサービスを提供しており、国が「データヘルス計画」を推進する以前から健診結果データの分析及び有効活用に着目したサービスを展開し、実績を積んでいます。今後も健診データを活用した「特定健診未受診者対策サービス」「特定保健指導参加勧奨サービス」などの個別通知に特化したサービスを、自治体や健康保険組合へ積極的に提供していく計画です。

千葉市ホームページ: https://www.city.chiba.jp/

【会社概要】
社 名: 株式会社エヌ・エイ・シー
設立年月日: 2011 年 3 月 31 日
本社所在地: 〒105-0003 東京都港区西新橋 1-6-21 NBF虎ノ門ビル
代 表 者 : 山崎 直人
主要事業内容: ヘルスケア事業、エンタープライズソリューション事業
U R L : https://www.nac-care.co.jp/



配信元企業:株式会社エヌ・エイ・シー
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「エヌ・エイ・シー、千葉県千葉市より「令和2年度健診結果のお知らせ 企画制作及び発送業務」を受託