株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『改訂新版 塩漬けになった不動産を優良資産に変える方法』(相馬 耕三 著)を2020年9月1日に発売いたします。
――――――――――――――――――――――――――
儲からないアパート、買い手のつかない土地……
「悩みの種」の不動産が思わぬ利益を生む
コロナウイルスによる景気後退で不動産価格はどう動く?
新たな市場動向・解決事例を加筆修正した改訂版

本書は、都心近郊の不動産オーナーを対象に、不動産を有効活用するための知識を提供する1冊。土地・建物の価値変動や税制改革のなかで、不動産オーナーは不動産のより効果的な活用が迫られている。有効活用のカギを握るのは、所有不動産の価値を正確に測り、最大の利益を得ること。
本書では、物件価格の変動予測や実務のノウハウをもとにして、不動産の活かし方を解説する。著者は、不動産コンサルタントとして大手企業から個人まで、数多くの顧客を相手に大小さまざまなコンサルティングを行ってきた経験がある。節税テクニックや賃貸経営とは一味違った目からウロコのノウハウを紹介する。

【書籍情報】
書 名:『改訂新版 塩漬けになった不動産を優良資産に変える方法』
著 者:相馬 耕三(ソウマ コウゾウ)
発売日:2020年9月1日
定 価:800円(税抜)
体 裁:新書版・並製/200ページ
ISBN :978-4-344-92927-2

【目次】
はじめに
[第1章]コロナショックにより多くの不動産が塩漬け状態に!
[第2章]これからの資産家が最低限理解しておくべき知識
[第3章]売却と組み替え等で問題のある不動産を生きた資産に変える
[第4章]各専門業者および税務署との付き合い方
[第5章]正しい運用法を知れば不動産から確実に利益を生み出せる
[第6章]60歳以上の資産家のやるべきこと
おわりに

【著者プロフィール】
相馬 耕三(ソウマ コウゾウ)
1943年生まれ。東京アーバンコンサルティング株式会社代表取締役社長。1965年、慶應義塾大学法学部政治学科卒業。1967年、同大学法学部法律学科卒業後、三菱信託銀行入社。本店不動産部配属となり、不動産仲介・鑑定・開発・各種コンサルティング業務に従事する。その後、米国ロサンゼルス支店融資課長、次長、本店国際不動産コンサルティング業務担当部長等を歴任し、1991年に米国三菱信託銀行(ニューヨーク)会長兼社長に就任。1995年、英国系国際不動産コンサルティング会社である日本ナイトフランク株式会社代表取締役社長に就任。1997年に東京アーバンコンサルティング株式会社を設立、現在に至る。
不動産鑑定士(国家資格)、不動産カウンセラー(日本不動産鑑定士協会連合会)、不動産コンサルティング技能資格(国交省所管)、宅地建物取引士(国交省所管)、元不動産専門調停委員(東京地方裁判所所属)

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221381&id=bodyimage1

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
プロモーション部 前川 優香
電話番号:03-5411-6440 Email:yuka_maekawa@gentosha.co.jp



配信元企業:株式会社幻冬舎メディアコンサルティング
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「コロナショックにより多くの不動産が塩漬け状態に。 問題不動産を買い替えて最大限の利益を引き出す方法を解説!『改訂新版 塩漬けになった不動産を優良資産に変える方法』2020年9月1日発売!