現職の僧侶、静岡県賀茂河津町 栖足寺 住職 千葉兼如が、コロナ禍に心の安穏と元気をテーマに読経とエレクトロミュージックを融合して制作したが楽曲「Devotions~般若心経」を2020年8月14日に配信を開始しました。配信開始10日で海外を中心に約3万回の再生がされ、反響を呼んでいます。
主な再生先はsoundcloud、spotifyでいわゆるストリーミング再生で国別には、アメリカ、イギリス、ドイツと更には日本の反対側ブラジルでも聞かれています。
各社配信はコチラ→https://ultravybe.lnk.to/devotions
反響の背景にはリリースと同時に公開した同曲のミュージックビデオや配信の歌詞欄に般若心経を現代語訳した英訳をさらにわかりやすく訳しているところで、この訳詞も今のコロナ禍に人々の心に届いていると感じています。
海外でのBuddhism、Zenといったものへの関心の高さも伺える。
更には、プロジェクションマッピング、舞台照明もミュージックビデオの演出に加え奇抜であるが、神秘的な雰囲気も海外の方々の心を掴んでいるようです。
話題のミュージックビデをはコチラ(youtube)
英語版→https://www.youtube.com/watch?v=qrLAEFIW_mc
日本語版→https://www.youtube.com/watch?v=NiqyjSTbCSo

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221349&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221349&id=bodyimage2

このような楽曲制作、演出が出来るのも、千葉兼如住職は元々出家をするまではプロのサックス奏者で楽曲制作、舞台演出を得意としていて、現在は音楽と布教を合わせた活動なども定期的に行っています。行う際、楽曲制作、プロジェクションマッピングのプログラミングも自ら行っている。
禅プロジェクションマッピングについて
http://kappa.live/music/

このようなキャリアを生かし、今回の楽曲制作に賛同してくれたのは、一流スタジオミュージシャンの面々。
作曲、シンセサイザー、トロンボーンを務めたのは T-SQUAREのレコーディング、ライブサポートにも参加する 『湯浅佳代子』 ドラム、パーカッションは YUKI / 高野寛 / 矢野顕子 / 山崎まさよし など、数々の有名アーティーストのバックを務める 『宮川剛』 エレクトリックバイオリンはALIAKEを結成、Nu-folkを掲げ した、日本のトラッドミュージックにも精通する 『土屋雄作』
この、楽曲のクオリティーの高さも、海外の耳の肥えた音楽ファンも納得させているのだと思います。

只今、アルバムも制作中で、歌詞カードには各お経の現代語訳をわかりやすく載せ、お経の意味もわかる内容になっています。
今後は、コロナ禍で難しい状況の中ですが、ライブを開催し、見てもらって、お経を感じ、心穏やかにそして元気を届けたい。

お問い合わせ
〒413-0515
静岡県賀茂郡河津町谷津256
栖足寺 住職 千葉兼如
0558-32-0896
090-4114-1987
Mail info@kappa.live



配信元企業:宗教法人 栖足寺
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「現職僧侶が制作した楽曲が海外で大反響!コロナ禍に心の安穏と元気を!