7月25日、インド洋モーリシャス沖で、ばら積み船「わかしお」(岡山県・長鋪汽船関連会社所有)が座礁し、千トン級の重油が美しい海に流出しました。
このままでは絶滅危惧種とされるウミガメが、本当にこの世からいなくなってしまいます。
座礁周囲には、ラムサール条約に登録された湿地やマングローブ林があり、
そこで暮らす水鳥たちの生態系も破壊しかねません。
モーリシャス沖には、地球上のイシサンゴ類の40%の種が生息するとされています。
サンゴに重油が付着すると、呼吸ができなくなり、死滅するという専門家の意見もあります。

一刻も早く流出した油を処理しなければ、モーリシャスの自然環境が破壊されるのです。
そこで、私たちは油だけを吸着するという魔法のような油吸着材、
「マジックファイバー」を現地に送ることを決めました。
8月21日より、http://mauritius-rescue.com/index.htmlこちらで寄付を開始しています。
私たちの力だけでは、あの美しい海を元に戻すことはできません。
「マジックファイバー」で、ウミガメが、水鳥が、イルカが、サンゴが生息する
豊かなモーリシャスの海を取り戻しましょう!

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221338&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221338&id=bodyimage2

支援方法
「モーリシャス緊急支援プロジェクト」のサイト http://mauritius-rescue.com/index.html
より、マジックファイバーをご購入ください。(1口1枚550円)
国際貨物で、モーリシャスの現地ボランティア団体へ直接お届けいたします。

モーリシャス緊急救済プロジェクト
発起人/呉山 美那(株式会社Fairy Forest代表取締役)、隅谷 奈美(タパイルタヒチアンダンススクール代表)
賛同者/水資源保全協議会(WRCC)、(一財)メディア芸術振興財団、(株)理研ヘルスケア、(株)トーキョーアート、トライアンフブリッジ(株)、(一社) japan art&music
技術協力/エム・テックス(株)、燦キャピタルマネージメント(株)

お問い合わせ モーリシャス緊急救済プロジェクト
〒160-0011 東京都新宿区若葉2-2 TRIUMPH+02Bldg.
Email: contact@mauritius-rescue.com



配信元企業:モーリシャス緊急救済プロジェクト
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「1口550円で、流出した重油を回収! 日本独自の技術、油吸着材「マジックファイバー」で モーリシャスの海を助けてください!