株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、2020年の車載用リチウムイオン電池(Lithium-ion Battery、以下LiB)世界市場を調査し、製品セグメント別の動向、参入企業動向、将来展望を明らかにいたしました。ここでは、世界の車載用LiB市場推移・予測について公表いたします。

1.市場概況

2019年の車載用LiB世界市場規模は容量ベースで、前年比117.6%の133.1GWhと推計する。搭載されるxEVタイプ別に出荷容量を見ると、HEVが1.9GWh(前年比185.7%)、PHEVが9.3GWh(同97.1%)、EVが121.8GWh(同118.8%)となり、EV用LiBの構成比が9割を占めた。
欧州を中心にHEVが伸びを示し、EVではTesla モデル3等を中心に中容量EVが大きな成長を見せているものの、PHEV、低容量EVは前年割れに転じている。特に中国で、補助金条件の変更等を背景に需要は伸び悩んでいる。車載用LiB世界市場はこれまで堅調な成長基調を見せてきたが、市場を牽引してきた中国市場で補助金の減少を受け、成長鈍化傾向を見せている。

コロナ禍によって産業全体が縮小した世界の自動車市場を背景に、また現時点での各国の景気・経済対策等を考慮し、車載用LiB世界市場の政策ベース予測と市場ベース予測、2つの成長予測を行った。
政策ベース予測では、世界的な環境規制強化の動きと、各国の普及政策、自動車メーカー各社の電動化シフトを背景に、2020年も欧州を中心にxEV市場が成長を維持するシナリオを読み込んでいる。政策ベース予測における2030年の車載用LiB世界市場規模は、容量ベースで2025年比195.3%の1,720.8GWhになると予測する。一方、市場ベース予測では、使い勝手の良さや車両価格の求めやすさなどの消費者側のニーズを背景に、新型コロナウイルスの影響による経済の減退を受け、xEV市場が前年割れで推移するシナリオを読み込んでいる。市場ベース予測における2030年の車載用LiB市場規模は、容量ベースで2025年比172.0%の496GWhとなると予測する。うち、HEV用が容量ベースで7.3GWh(2025年比171.1%、構成比1.5%)、PHEV用が45.4GWh(同166.0%、同9.2%)、EV用が443.2GWh(同172.7%、同89.4%)になる見通しである。

※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2493

調査要綱
1.調査期間: 2020年5月~7月
2.調査対象: 車載用リチウムイオン電池(LiB)メーカー(日本、韓国、中国)
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談取材、並びに文献調査併用
4.発刊日:2020年7月31日

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221290&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社矢野経済研究所
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「【矢野経済研究所プレスリリース】車載用リチウムイオン電池世界市場に関する調査を実施(2020年)~2019年の車載用リチウムイオン電池世界出荷容量は前年比17.6%増の133.1GWh~