経営コンサルティング会社A.T. カーニー(東京都港区、日本代表:関灘 茂)は、株式会社ティアフォー(東京オフィス:品川区北品川、代表取締役社長:武田 一哉)が編集を行い、8月4日に公開した「Tier IV Safety Report 2020」の作成に、損害保険ジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、取締役社長:西澤 敬二)、ならびにアイサンテクノロジー株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:加藤 淳)と共に協力いたしました。

これまでの実証実験で得られた安全性に関する知見、そして今後の課題と対策を集約した「Tier IV Safety Report 2020」はティアフォーのニュースリリースよりご参照いただけます。
参照先URL:https://tier4.jp/news/safetyreport/

A.T. カーニー プリンシパル 芳川天音(よしかわ・あまね オペレーション 兼 自動車プラクティス)のコメント
「自動車業界は、CASEに代表される大きな変革期にあり、経営コンサルティングファームであるKearneyでは自動車メーカー/部品メーカーに限らず、官公庁、ベンチャー企業に対しても、この変革を見据えた様々な支援をしております。
弊社ではこれまで、官公庁の有識者会合等において、自動運転の安全性担保、社会受容性の獲得における産官学の様々なステークホルダー間の協調の必要性について、提言をして参りました。
株式会社ティアフォーの日本初となる、本レポート作成の意義にも賛同し協力をさせて頂き、今後もCASE社会の実現、業界の発展に資する様々なコンサルティングサービスを提供して参ります。」

A.T. カーニー プリンシパル 阿部暢仁(あべ・のぶひと 自動車プラクティス)のコメント
「ハリウッド映画で描かれているような自動運転で車両が走り回る世界観に向けて、様々な企業による技術開発投資が過去数年に亘って行われてきました。この過程を通じて解ってきたのが、完全自動運転の実現におけるハードルの高さです。世界に存在する多様かつ予測困難な環境で安全に走る為の技術開発には、単一企業の活動だけに閉じない新しい発想が求められます。この『Tier IV Safety Report 2020』の内容は自動運転の技術開発におけるパラダイムシフトを示唆しています。」

A.T. カーニー プリンシパル 石田真康(いしだ・まさやす 航空宇宙 兼 自動車プラクティス)のコメント
「自動運転技術は、交通事故や渋滞などの様々な社会課題を解決する手段として注目を集めており、昨今自動車メーカーに加えて、ベンチャー企業や異業種企業など多様なプレイヤーが技術開発を進めています。他方で実用化にむけては技術開発のみならず、安全基準や運用基準などの社会環境整備も同時に進めていく必要があります。今回のレポートが産学官の多様なステークホルダー間での議論の加速と業界全体としての前進につながることを期待しています。」



配信元企業:A.T. カーニー株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「4社共同作成による「Tier IV Safety Report 2020」公開のお知らせ