御殿籠(竹ミニ鳥籠)は精巧に作られた竹のミニチュア鳥籠です。製作したのは大分生まれの宮岡聖天斎、良質の真竹の産地として知られる土地柄です。豊富な竹材から御殿籠用に厳選し極の技を完成させました。

ヒゴ取りが8割といわれる竹細工。この御殿籠のヒゴは気を抜くと折れてしまいそうなほど細く、繊細です。まっすぐとヒゴが並び、極めて精巧に作られているミニ鳥籠に職人の「どうだ」という覇気のようなものも感じます。まさに匠の技です。

小さくても機能は本物と同じです。鳥籠の扉はスムーズに開閉します。扉を開けると中からかわいらしい鶯が顔を覗かせます。鳥籠の中にいる鶯ももちろん竹。今にも小さな鳴き声をあげそうです。

高知県では、鳥かごの事を「こばん」と呼んでいました。昔ははどこのお家にもメジロや鶯などは当たり前のように居て鳴き声を楽しんでいました。小鳥籠もなじみがあるもので、自作する職人もいました。しかしこのようなミニチュアの鳥かごを見たことのある人はいないのではないでしょうか。

職人が一つ一つ手作りしていますので、同じものは一つもありません。手に取ると思わず誰もが微笑んでしまう、そんな御殿籠です。今回はこの特別な御殿籠を数量限定で販売いたします。



<2020年8月19日(水)より販売開始>

 【限定】宮岡聖天斎作 御殿籠(竹ミニ鳥籠)
 販売価格 7,000円(税抜)
https://www.taketora.co.jp/fs/taketora/ip00482



━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■竹虎 (株)山岸竹材店 概要
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
会 社 名 :竹虎 株式会社 山岸竹材店
所 在 地 :高知県須崎市安和913-1(本社・本店)
代表取締役:山岸 義浩
創   業:1894年(明治27年)
資 本 金 :1000万円
事業内容 :特産虎斑竹(とらふたけ)をはじめとして各竹細工
竹製品、竹炭、竹酢液など製造・卸・販売
U R L :https://www.taketora.co.jp/
※第33回高知県地場産業奨励賞
※第56回全日本竹産業連合会会長賞
※第2015年第2回日本ネット経済新聞賞「地域貢献賞」
※第7回OSMC全国実践会 最優秀実践者賞受賞
※第1回イーコマース事業協会主催エビス大賞2009大賞授賞
※中小企業IT経営力大賞2009認定
※2008年ユニクロ コラボTシャツ
※ベストECショップ大賞2007準大賞授賞
※新日本様式100選
※WEB1グランプリ2006アイル賞授賞
※第9回日本オンラインショッピング大賞
アフィリエイト部門・選考委員特別賞授賞
※第7回日本オンラインショッ ピング大賞
最優秀中規模サイト賞授賞
※楽天市場2004年7月生活・インテリアジャンルMVP授賞
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■本プレスリリースに関するお問い合わせ先
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
竹虎 (株)山岸竹材店 竹虎四代目(山岸 義浩:やまぎし よしひろ)
E-Mail:info@taketora.co.jp
<本社>竹虎(株)山岸竹材店
〒785-0024 高知県須崎市安和913-1
TEL 0889-42-3201  FAX 0889-42-3283 (営業時間 9:00~17:30)





【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221249&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社山岸竹材店
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「極小の芸術!蘇る宮岡聖天斎作のミニチュア鳥籠