【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221233&id=bodyimage1

独自の「ダブル教育」システムによる、きめ細かい指導が特長の四谷学院(経営母体:ブレーンバンク株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:植野 治彦)は、2020年9月1日より「保育士試験 実技試験対策 添削指導オプション講座」を開講します。受講申込は先着順です(各分野100名まで)。

▼四谷学院 保育士試験対策講座
https://yotsuyagakuin-tsushin.com/hoiku/lp/


■四谷学院の合格率は全国平均の3.1倍
2007年に保育士試験対策の通信講座をスタートさせた四谷学院は、2018年度合格率は60.1%を達成しました。これは全国平均合格率19.7%の3.1倍です(※資料1)。5人に1人しか合格できない全国平均と比べて、6割近い方が合格と、大変高い合格率を誇っています。

四谷学院は、保育士試験の筆記試験・実技試験の両方を通信講座でサポートします。

■コロナ禍で令和2年前期筆記試験は中止に
新型コロナウイルス感染拡大防止のため令和2年保育士試験(前期)筆記試験は、残念ながら中止となりました。そのため、後期保育士試験には「今度こそ」という思いで受験される方が多いでしょう。
筆記試験を突破し、最後の関門である実技試験をクリアするために、早くから対策をスタートされる方も多いと予想されます。

■自宅で取り組める添削指導オプション
保育士試験の筆記試験はマークシート式ですが、実技試験は「音楽」「造形」「言語」の実技が直接審査される試験です。緊張感もあり、特に初めての受験の方にとっては不安の大きい試験と言えます。

四谷学院では、「実技試験対策講座」と「添削指導オプション講座」の二本立てでサポート。添削指導オプション講座は、受験分野と同じく「音楽」「造形」「言語」の3分野を開講します。特に不安の大きい分野をご自身で選んで受講していただくことができます(1分野:16,800円税込)。
実技試験のみ対策を希望される場合には、「実技試験対策講座+添削指導オプション1分野」の同時申込割引価格をご準備しています。これから実技試験対策を始める方にピッタリです。

通信講座ですから、自宅で取り組みながらプロの添削指導を各分野3回も受けることができます。実技試験にめきめき自信がつきます。毎年高い合格率を誇る人気講座となっており2018年度の受講生の合格率は、驚異の93%でした。なお各分野先着100名限定となっています。

▼四谷学院保育士講座 実技試験対策特設ページ
https://yotsuyagakuin-tsushin.com/hoiku/09.html

■今、保育士が求められています
待機児童問題そしてそれに伴う保育士不足は、まだ続いています。「保育士試験」は受験要件を満たせば、誰でも年齢の制限なく受験でき、国家資格「保育士」を取得できる試験です。学生さんから定年退職を迎えた方まで、四谷学院では幅広い年齢層の方が受講し、保育士を目指しています。
「保育士試験」は、筆記試験だけでなく実技試験も課されており、経験のない方にとって実技試験は不安の大きい試験です。その不安を解消し、自信をもって当日に臨めるよう四谷学院の通信講座がサポートしています。通信講座なら、自宅で学習できて安心です。



※資料1【四谷学院の通信講座在籍生の保育士試験の合格率】
ブレーンバンク株式会社調べ。カッコ内は全国平均。
2018年 60.1% (19.70%)
2017年 68.7% (21.6%)
2016年 70.6% (25.8%)
2015年 58.0% (22.6%)
2014年 59.3% (19.3%)


■会社概要
社名  : ブレーンバンク株式会社
所在地 : 東京都新宿区四谷1-10 四谷学院ビル
代表者 : 代表取締役 植野 治彦
設立  : 1974年8月
資本金 : 1,000万円
売上高 : 180億円(2019年3月期)
事業内容: 大学受験予備校・個別指導塾・通信講座開発 他
URL   :https://www.yotsuyagakuin.com/





配信元企業:ブレーンバンク株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「予備校の四谷学院が運営する通信講座「保育士試験対策講座」の実技試験対策の添削指導講座が開講!全国平均の3.1倍の合格率を誇る通信講座です