Research Nester Private Limitedは、種子処理市場の予測評価を提供する調査レポートを2020年8月 24日 に発刊しました。これは、種子処理市場の成長ドライバー、市場機会、課題、脅威など、いくつかの主要な市場ダイナミクス強調しています。

種子処理は、植え付け前に種子を処理するプロセスです[化学的または非化学的、および抗菌性または殺菌性]。使用される農薬の量が非常に少ないため、この処理は通常環境に優しいです。それは、さまざまな生物や昆虫によって引き起こされる害虫からそれらを保護するために種子に農薬を使用することを含みます。種子処理は作物の健康を保証します。それは製造プロセスの環境への影響を減らし、また受粉媒介者や人間などの非標的種への曝露を減らします。作物の収量を改善し、発芽時間を短縮し、全体的な生産性を高めます。労力が少なく効率的であるため、従来の噴霧に比べて費用対効果の高い作物保護です。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000221185&id=bodyimage1

増加する人口の食料需要を満たすために、高度な生産的農業資材が使用されています。近年、さまざまな技術で農業生産量を向上させるために、急速な進歩が観察さ。種子を媒介とする昆虫や病気から作物を守るため、種子処理の需要はますます高まっています。世界の種子処理市場では、2019年から2027年の予測期間中に約8.72%のCAGRで成長すると予想されています。

レポートは、ータイプ別(化学、非化学);処方別(液体形態、乾燥形態);適用技術別(殺虫剤、殺菌剤、除草剤、肥料、バイオコントロールなど)、作物の種類別(穀類、穀物、油糧種子、テンサイ、サトウキビ、野菜など)によってセグメンテーション及び、そのサブセグメントの詳細な分析についてさらに概説しています。

種子処理市場における業界のリーダーはBayer CropScience AG、Syngenta、FMC corporation、Monsanto Company、Nufarm Limited、ADAMA Agricultural Solutions Ltdなどです。このレポートはさらに、組織の全従業員、主要戦略、企業の財務状況を説明する主要なマトリックス、合併や買収などの企業のいくつかの要因に関する詳細な分析も示しています。

[北米は、この地域の農業産業からの需要の増加により、トップシェアを占めると予想]
市場レポートは、地域分析に関する詳細情報も提供します。市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、ラテンアメリカ、中東、アフリカの五つの主要な地域で分割されています。北米は、この地域の農業産業からの需要の増加により、トップシェアを占めると予想されています。技術の進歩と化学製品の禁止の存在は、予測期間中に市場の成長を後押しすると予測されます。インドや中国などの国々でオーガニック製品の需要が高まっているため、アジア太平洋地域はより速い速度で成長すると予想されています。さらに、化学物質の使用に関連する農家の環境ハザードと健康への影響に関する農家の意識の高まりにより、この地域の種子処理市場の成長が促進されています。
レポートのサンプルURL: https://www.researchnester.jp/sample-request-1413

Research Nester Private Limited会社概要
Research Nester Private Limitedは、戦略的な市場調査とコンサルティングの大手サービスプロバイダーです。業界を支援するために、公平で比類のない市場洞察と業界分析を提供することを目指しています。また、業界が将来のマーケティング戦略、拡張、投資について賢明な決定を下せるようにも支援します。
https://www.researchnester.com/

調査レポートの詳細内容について
https://www.researchnester.com/reports/seed-treatment-market/1413

[ 本件に関するお問い合わせ下記まで ]
電話: US +1 646 586 9123
電話: UK +44 203 608 5919
Eメールsales@researchnester.com





配信元企業:Research Nester Private Limited
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「種子処理市場ータイプ別;処方別;適用技術別(殺虫剤、殺菌剤、除草剤、肥料、バイオコントロール)、作物の種類別(穀類、穀物、油糧種子、テンサイ、サトウキビ、野菜)-世界の需要分析と機会の見通し2027年