株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「カスタマーデータプラットフォーム (CDP) の世界市場 - 2025年までの予測:カスタマーリテンション・カスタマーエンゲージメント、予測アナリティクス、パーソナライズ・レコメンデーション」 (MarketsandMarkets) の販売を3月25日より開始いたしました。

カスタマーデータプラットフォーム (CDP)市場は、コンポーネント、アプリケーション、展開モード、組織の規模、業種、業種、地域に基づいてセグメント化されています。パーソナライズされた推奨アプリケーションは、予測期間中に最高の収益を得ることが期待されています。 CDPプラットフォームにより、マーケティングおよび販売の専門家は、自社製品の購入に関心のある顧客を積極的に特定できます。顧客維持およびエンゲージメントアプリケーションセグメントは、予測期間中に最高の複合年間成長率(CAGR)で成長すると予想されます。

予測分析機能を備えたCDPソリューションは、購買行動を分析することで、潜在的な顧客を特定する組織を支援します。コンポーネントのうち、プラットフォームセグメントは、顧客体験を向上させるためのデジタル化ソリューションの開発への投資の増加により、予測期間中により高い収益をもたらすと予想されます。APACは、予測期間中に最高のCAGRを持つと予想されます。成長の主な原因は、IoTやクラウドなどのデジタル化テクノロジーの使用が業界全体で増加していること、モバイルユーザーの数が増えていること、AIやMLなどのニッチテクノロジーが実装されていることです。主要な顧客データプラットフォームベンダーには、Oracle Corporation(Oracle)、SAP SE(SAP)、Adobe Inc.(Adobe)、Salesforce.com、Inc.(Salesforce)、Microsoft Corporation(Microsoft)、SAS Institute(SAS)、Teradata、ナイスシステムズ株式会社(ナイス)、ダン&ブラッドストリート、リードスペース、ザイロテック、ブルーベン、キャリバーマインド、セレブルス、ティーリウム、アギルワン、ブルーコニック、リティクス社(リティクス)、イグニションワン社(イグニションワン)およびアンペリティ社(アンペリティ)などが含まれます。

これらのプレーヤーは、新製品開発、合併、パートナーシップ、コラボレーション、事業拡大などのさまざまな戦略を採用し、そこからほとんどの主要プレーヤーがパートナーシップと新製品開発戦略を採用して、グローバルな顧客データプラットフォーム市場のニーズに応えます。グローバルな顧客データプラットフォームの市場規模は、2020年の23億7800万米ドルから2025年までに102億9000万米ドルに成長し、2020年から2025年までのCAGRは34.0%になると予想されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama928660-customer-data-platform-market-by-component.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212385&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「カスタマーデータプラットフォーム (CDP) の世界市場-2025年までに102億9000万米ドルに成長予測