日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(東京都文京区、以下「SSI」)が認定、特定非営利活動法人FBO(東京都文京区、以下「FBO」)が公認する、日本酒のソムリエ「きき酒師」の累計合格者数が、2020年3月1日現在で4万人※を突破いたしました。
※「国際きき酒師」を含む累計合格者数

■今、なぜ「きき酒師」が国内外で注目されているのか?
日本酒の消費量は、1975年をピークとして減少傾向にありました。この原因としては、日本酒そのものに問題があるのではなく、「飲み方がわからない」「ラベルの説明が難しい」といった消費者の声や、提供側が劣化した品質の日本酒を出すなど、提供側の問題によることがわかってきました。
そこで、それらの問題点を解消すべく、当会では1991年に「日本酒について正しい知識とサービス方法を身に付けたプロフェッショナル」である「きき酒師」を認定する事業を立ち上げました。
その後、2013年に「和食」がユネスコの「無形文化遺産」に登録され、日本酒も「國酒」として位置付ける国の後押しもあって、日本酒はさらに注目を浴びることとなりました。また、パリやニューヨークなどの外国の都市でも、流行に敏感な人たちが日本酒を飲むことが一般化するなどの動きがあり、2009年以降は日本酒の輸出金額は毎年増え続けることとなりました。
また、インバウンドの観光客も急増しており、国内にあっても日本酒を正しく提供・販売できる知識と能力をもった「きき酒師」がますますその重要性を増しているのです。

■SSIが「きき酒師」の認定試験を開始してから、2021年で30周年
当会では、1991年の設立以来、日本の酒である「日本酒」「焼酎」の提供方法の研究を中心に酒類の総合研究をおこない、その教育啓発活動を通じて、日本における酒文化の発展および関連業界の支援、そして日本食文化の継承発展に寄与する事を目的として事業活動をしてまいりました。
今後も、プロフェッショナルとして日本酒の提供・サービスができる人材を育成するため、そして日本酒愛好家の裾野を広げるためにも、ますます尽力して参る所存です。

■「きき酒師」「国際きき酒師」に関するお問い合わせ
SSI事務局:TEL 03-5615-8205

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212270&id=bodyimage1

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212270&id=bodyimage2

■SSI  URL:https://ssi-w.com/
設立年 :1991年2月(1990年11月設立準備委員会発足)
活動内容:
・日本の酒を主眼とした酒類全般、飲食に関する調査研究
・日本の酒の提供販売に関するプロフェッショナル育成および資格認定
・消費者に対して日本の酒の適正な知識の啓発普及ができる人材の育成と資格認定
・日本の酒の適正な啓発普及をおこなう事業
・日本の酒の普及・発展に関する表彰等の授与
・日本の酒の国際化と国際商品にするための事業

■FBO  URL:https://www.fbo.or.jp/
設立年:2008年4月※旧FBO(料飲専門家団体連合会)1999年4月設立
活動内容:
・飲食に関する調査研究事業
・飲食に関する情報を広く告知する広報事業
・飲食に関する人材育成事業
・飲食に関するイベント等の開催による普及啓発活動
・飲食に関する資格基準の策定、公表及び認定・公認事業






配信元企業:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「今、国内外で注目されている“日本酒のソムリエ”「きき酒師」 「きき酒師」の合格者数が4万人※を突破! ※2020年3月1日現在 「国際きき酒師」を含む累計合格者数