株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「細胞治療薬製造市場」(ROOTS ANALYSIS発行)の販売を3月23日より開始いたしました。

【KYMRIAH、YESCARTA、Alofisel、Zyntelgoの承認により、細胞療法における製薬関係者の関心高まる。技術的な課題解決のため、製造業務のアウトソーシングが不可欠に】

さまざまな理由から細胞療法の需要は今後数年で増加すると予想されています。したがって、治療開発者と契約サービスプロバイダー双方が能力を強化し、処理能力を拡大する必要があります。これに関連して、自動化は、細胞療法の製造および契約サービス業界における重要な実現要因となることが期待されています。

【主要な市場の洞察】

160以上の組織が細胞療法の製造に従事
市場情勢は、すべての利害関係者の60%以上を占める業界関係者に支配されています。このうち、55社以上が大企業または中規模企業(従業員50人以上)です。

100超のプレーヤーがT細胞および幹細胞療法に注力
これらプレーヤーのほとんどは、CART、TCRまたはTILを含むT細胞療法の製造に注力しています。 35を超える組織が、これらのタイプの治療法製造に必要な能力を持っていると主張しています。

70社以上が商業規模の能力を持つ
細胞治療製品の大半は臨床試験中であるため、この規模では需要が高くなっています。ただし、注目すべき点は細胞療法向けの商業規模能力を開発しているプレーヤー(50%未満)がすでに存在している点です。

欧州は細胞療法生産のハブ
220を超える製造施設が世界中のさまざまなプレーヤーによって設立されています。このうち、35%が欧州にあり、続いて北米に拠点を置いています。その他の新興地域には、オーストラリア、中国、日本、シンガポール、韓国、イスラエルが含まれます。

50超の施設が2015年から2019年の間に拡張
拡張された施設のうち、85%以上は異なる地域にまたがる新しい施設のセットアップに関連しています。最大の拡張活動は、米国およびアジア太平洋地域内の特定の国で観察されました。

20社以上が細胞療法のデベロッパーに自動化ソリューションを提供
自動化に関連するコンサルティングサービスを提供するプレーヤーには、Berkeley Lights、Cesca Therapeutics、Ferrologix、FluDesign Sonics、GE Healthcare、およびTerumo BCTが含まれます。さらに、自動化に関連するコンサルティングソリューションを提供するプレーヤーは、Fraunhofer Institute for Manufacturing Engineering、Invetech、KMC Systems、Mayo Clinic Center for Regenerative Medicine、RoosterBioです。(すべてアルファベット順)

パートナーシップ活動は、2014年から2018年の間に年率16%で成長
過去5年間で200以上の契約が締結されています。これらの大半は、臨床試験用の細胞ベースの治療製品の供給に焦点を当てていました。他の一般的なタイプのコラボレーションモデルには、製造プロセス開発契約(16%)、サービス契約(12%)、および買収(10%)が含まれます。

2030年までに先進地域が市場シェアの60%以上を獲得見込み
アジア太平洋地域は、2030年までに市場の主要なシェア(~36%)を獲得する予定です。また、欧州では、財源、技術的専門知識、確立されたインフラが細胞治療製造市場を牽引する可能性が高く26%のCAGRで成長すると予測されています。

【当レポートの詳細目次】
https://www.gii.co.jp/report/root462554-cell-therapy-manufacturing-market.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供なども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212219&id=bodyimage1



配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「細胞治療薬製造の世界市場、2030年までに100億米ドル規模に迫る勢い(ROOTS ANALYSIS発行レポートより)