株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「金属リサイクルの世界市場:金属別 (鉄鋼、非鉄金属)・スクラップの種類別 (二次スクラップ、新規スクラップ)・エンドユース部門別 (建設、自動車、造船、機械製造、家電製品)・装置別・地域別の将来予測 (2025年まで)」 (MarketsandMarkets) の販売を3月23日より開始いたしました。

金属リサイクルの世界市場では、10年にわたって上昇が見られました。金属スクラップの収集、国内リサイクルの能力、回収された金属、および有利な規制の増加傾向があります。アジア太平洋地域は、価値と量の両面で、2019年に金属リサイクル市場で最大のシェアを占めました。

都市人口の増加、急速な工業化、天然資源の急速な枯渇に対する懸念の高まり、金属スクラップの処理に関する法律と規制により、世界の金属リサイクル産業の成長が促進されています。特定の国のGDPの増加により、より高度で効果的な廃棄物管理ソリューションと連携できるようになり、廃棄物管理およびリサイクルサービス、機器、および技術の需要が増加します。金属の陳腐化率の高さ、温室効果ガスの排出レベルの低下による省エネルギーの増加、発展途上国の工業化と都市化の促進、リサイクル金属の使用に対する消費者の意識の高まりが、金属リサイクル市場を牽引しています。希土類金属の不足は、グローバル市場での機会です。ただし、廃金属の組織化されていない流れとスクラップ収集ゾーンの減少は、市場の成長を制限すると予想されます。

鉄金属のリサイクルは、2020年から2025年にかけてCAGRで7.9%増加すると予測されています。2019年の金属リサイクル市場は、同じセグメントに支配され、市場全体の96.8%を占めました。 リサイクル市場は、収集された金属スクラップを分別し、回収できる材料をリサイクルする必要があるという規制によって推進されています。 この市場に関連する法律と規制は、廃棄物の最小処分を支持しています。 非鉄セグメントは、2020年から2025年にかけて6.9%のCAGRが予測されています。

【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212092&id=bodyimage1

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/mama928661-metal-recycling-market-by-metal-ferrous-non.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F



配信元企業:株式会社グローバルインフォメーション
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「人口増加、工業化、天然資源の枯渇、関連規制により世界の金属リサイクル産業の成長が促進