2018年度のRTDや粉末、希釈等を含めた飲料総市場は、前年比0.5%増の4兆5,447億円規模となった。同市場は近年飽和状態にあるものの、高齢化社会の進展や医療費の高騰化に伴う健康ニーズの高まりから、健康ドリンク市場は年々拡大傾向にある。当資料では、特に注目度の高い青汁、豆乳・大豆飲料、プロテインドリンク、酵素・酵母ドリンク、ビネガードリンク、第三のミルクの6カテゴリーについて、商品展開状況や参入企業の取り組み等を分析している。

概要
◆2018年度のRTDや粉末、希釈などを含めた飲料の総市場規模は前年比0.5%増の4兆5,447億円であった。同市場はここ数年、前年比率0~4%内の低成長が続いており、飽和状態にある。こうした市場性の中で、年々拡大傾向にあるのが健康ドリンクである。その要因として、日本では高齢化社会の進展や医療費の高騰化などの問題を背景に、消費者の健康に対する意識は高まっており、それに伴い健康食品だけでなく、飲料のジャンルにおいても健康を訴求した商品の投入が活発化したことが挙げられる。

◆そんな健康ドリンクの中でも、参入企業の活発化や市場の急成長などで注目を集めているのが青汁、豆乳・大豆飲料、プロテインドリンク、酵素・酵母ドリンク、ビネガードリンク、第三のミルクの6カテゴリーである。この健康ドリンク6カテゴリーの市場規模は、2018年度で前年比5.7%増の2,198億5,000万円となり、総市場に占める割合は4.8%であった。また、2009年度と比較すると、市場規模はこの10年間で約2倍に成長。さらに、総市場に占める割合も年々増加傾向にあり、10年間で2.0ポイント増となったことから、飲料総市場における健康ドリンクの位置付けは徐々に強まっているといえる。

◆そこで、当資料では青汁、豆乳・大豆飲料、プロテインドリンク、酵素・酵母ドリンク、ビネガードリンク、第三のミルクの6カテゴリーをピックアップ。各カテゴリーにおける商品展開状況や参入企業の取り組み、2009年度~2019年度(見込)までの11カ年分の市場規模から今後の市場性まで多角的に調査・分析。今後マーケティングの一助となるデータとして提案する。

【調査対象企業(各カテゴリーの主要メーカー)】
◆青汁
(アサヒ緑健、テレビショッピング研究所、ファビウス、山本漢方製薬、伊藤園、世田谷自然食品、キューサイ、他)
◆豆乳・大豆飲料
(キッコーマン、マルサンアイ、スジャータめいらく、ヤクルト本社、大塚食品、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、他)
◆プロテインドリンク
(明治、味の素、キリンビバレッジ、森永製菓、大塚製薬、ドーム、THINKフィットネス、他)
◆酵素・酵母ドリンク
(野草酵素、リバランド、大高酵素、エリカ健康道場、大和酵素、万田発酵、ビーボ、メタボリック、他)
◆ビネガードリンク
(Mizkan、タマノイ酢、ヤクルト本社、メロディアン、ヤマモリ、セゾンファクトリー、伊藤園、他)
◆第三のミルク
(江崎グリコ、ブルボン、ポッカサッポロフード&ビバレッジ、マルサンアイ、筑波乳業、他)



【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000212051&id=bodyimage1

TPC市場調査レポート
「2020年 健康ドリンクの市場分析調査」
―注目される健康ドリンク6カテゴリーの市場規模はこの10年間で約2倍に!―
詳細はこちら>> http://www.tpc-osaka.com/fs/bibliotheque/mr120200479
資料体裁:A4判129頁
発刊日:2020年3月19日
頒価:97,000円(税抜)

【会社概要】
会社名:TPCマーケティングリサーチ株式会社
所在地:大阪市西区新町2-4-2 なにわ筋SIAビル
事業内容:マーケティングリサーチおよび調査レポートの出版
コーポレートサイト:http://www.tpc-cop.co.jp/
オンラインショップ「TPCビブリオテック」:http://www.tpc-osaka.com/
ISO27001認証書番号:IS598110

【本件に関するお問い合わせ】
フリーダイヤル:0120-30-6531



配信元企業:TPCマーケティングリサーチ株式会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「TPCマーケティングリサーチ株式会社、2020年 健康ドリンク市場について調査結果を発表