【画像 https://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000211163&id=bodyimage1

2020年3月23日 - 世界トップクラスのコネクターメーカーである米モレックス社の日本法人・日本モレックス合同会社(本社:神奈川県大和市、社長:李 在薰)は、産業・科学・医療用および専用狭域通信向け「ISM/DSRC外付けアンテナ」を本日発表しました。

モレックスのISM/DSRC外付けアンテナは、無線およびネットワークアプリケーションで高いRF性能と信頼性を提供する5.9GHz帯のシングルバンド・アンテナです。標準品として在庫販売され、さまざまな構成をすぐに使用できるため、設計時間を短縮できます。また、コンパクトで堅牢な設計により、小さい設置面積内で高い放射効率を提供し、湿気、極端な熱条件、衝撃、振動などの過酷な環境にも耐えます。

ISM/DSRC外付けアンテナは、「ヒンジ付きアンテナ(214414)」「ハイゲインアンテナ(214390)」「MIMOアンテナ(214048)」の3製品を揃えています。ヒンジ付きアンテナは、SMAコネクターの取り付けオプション、ストレートモードおよび折り畳みモードを備えています。ハイゲインアンテナは、N-Jコネクターの取り付けオプションで、最大8dBiのピークゲインを提供します。MIMOアンテナは、ケーブルおよびSMAコネクターの取り付けオプションを備え、コンパクトで堅牢な設計によって過酷な環境でも利用可能です。


ISM/DSRCヒンジ付き外付けアンテナ(214414)の主な特徴

・ SMA-JおよびRP-SMA-Jの取り付けオプション、ストレートモードおよび折り畳みモードを備え、設計の柔軟性を提供

・ SMA-JおよびRP-SMA-Jタイプは垂直面で90度、SMA-Jコネクターは水平面で180度回転でき、優れた指向性カバレッジを提供


ISM/DSRCハイゲイン外付けアンテナ(214390)の主な特徴

・ 最大8dBiのハイゲインによって、強力で安定したワイヤレス接続を提供

・ 堅牢なグラスファイバーハウジングによって、ハイゲインとIP67の防水・防塵性能を提供


ISM/DSRC MIMO外付けアンテナ(214048)の主な特徴

・ コンパクトな設置面積でISM/DSRCCデバイス用のMIMOアンテナシステムを提供


本コネクターは、セキュリティおよび監視、ホームオートメーション、ホームストリーミング、エンターテインメント、スマート家電、電力とユーティリティなどのコネクテッドホーム、コネクテッドモビリティ、コネクテッドホームなどのIoT、無線インフラなどのデータセンターソリューション、インフラストラクチャ/ネットワーキングなどの通信/ネットワーキング、ネットワーキング、スマート輸送などの商用車といった用途に適しています。

詳しい情報は、弊社ウエブサイト http://www.japanese.molex.com/link/external_antennas.html をご覧下さい。


モレックスについて
モレックスは、未来の変革とより豊かな生活を実現させるテクノロジーを可能にすることでつながる世界を支えていく。世界40カ国以上で事業を展開し、データ通信、医療、インダストリアル、自動車、家電などの様々な市場に広範な接続システム、サービスおよび電子ソリューションを提供している。
http://www.japanese.molex.com/

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR モレックス担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp



配信元企業:日本モレックス合同会社
プレスリリース詳細へ

ドリームニューストップへ

情報提供元:Dream News
記事名:「日本モレックス、産業・科学・医療用および専用狭域通信向け「ISM/DSRC外付けアンテナ」を発表