[NASDAQ: MCHP] - 5G、機械学習、IoT (Internet of Things)の融合によって推進されるコンピューティングの新時代では、Linuxベースの高機能オペレーティング システム(OS)が必要です。これらのOSはクリティカルなセキュリティおよび信頼性要件だけでなく、消費電力と熱的な制約に関してもシステム要件を満たす必要があります。再構成可能なハードウェアとLinux対応処理機能をワンチップに統合した従来のシステムオン チップ(SoC) FPGA (Field-Programmable Gate Array)は、カスタマイズに理想的なデバイスですが、消費電力が過大でセキュリティと信頼性が不十分であり、そのアーキテクチャは柔軟性に欠け高価でした。この課題を解決するため、Microchip Technology Inc.(日本支社: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、子会社のMicrosemi社によりオープンなロイヤリティ フリーのRISC-V命令セット アーキテクチャ(ISA)を採用したマイクロプロセッサ サブシステムと低消費電力のミッドレンジPolarFire(TM) FPGAファミリを組み合わせたSoC FPGAの新たなアーキテクチャを発表してMi-Vエコシステムを拡張しました。

カリフォルニア州サンタクララでのRISC-Vサミットで本日発表されたMicrochip社の新しいPolarFire SoCアーキテクチャは、リアルタイムの決定論的非対称マルチプロセッシング(AMP)機能をマルチコア コヒーレントCPU (Central Processing Unit)クラスタのLinuxプラットフォームにもたらします。SiFive社と共同開発したPolarFire SoCアーキテクチャはキャッシュ、スクラッチパッド、直接アクセスメモリとして構成できる柔軟な2 MB L2メモリ サブシステムを備えています。これにより、ネットワーク接続された協調型IoTシステムの、熱的および空間的制約のある各種アプリケーション向けに、決定論的なリアルタイム組み込みアプリケーションと高機能なオペレーティング システムを同時に実装できます。

「PolarFire SoCアーキテクチャは低消費電力、セキュリティ、信頼性を備えた構成可能デバイスであり、Linuxにリアルタイム性能をもたらします」とMicrochip社プログラマブル ソリューション部門副社長のBruce Weyerは述べています。「Microchip社の堅牢なMi-V RISC-Vエコシステムおよび幅広いシステム ソリューション ポートフォリオを組み合わせる事で、PolarFire SoCアーキテクチャはコンピューティングの次なる大きな課題に対応する優れたプラットフォームを提供します。」

PolarFire SoCは、命令トレース、50個のブレークポイント、パッシブなランタイム設定可能AXI (Advanced eXtensible Interface)バスモニタ、FPGAファブリック モニタ、Microchip社独自の内蔵2チャンネル ロジック アナライザSmartDebugを含む豊富なデバッグ機能を備えています。PolarFire SoCアーキテクチャは、全メモリのシングルビット エラー訂正と2ビットエラー検出(SEC-DED)、物理的メモリ保護、差分電力解析(DPA)に対して安全な暗号コア、航空宇宙および防衛グレードのセキュアブート、128 Kbフラッシュブート メモリ等の信頼性およびセキュリティ機能を備えています。

「カスタマイズ可能なプログラマブルRISC-VプラットフォームであるPolarFire SoCアーキテクチャを使うと、各種要件に適合した革新的LinuxベースSoCを開発できます」とSiFive社CEOのNaveed Sherwami氏は述べています。「SiFive社のU54-MC CPUコア コンプレックスを利用したPolarFire SoCを使う事で、予測不可能な挙動とならないリアルタイム システムを構築するという普遍的な課題を克服できます。」


開発ツール
antmicro Renode(TM)システム モデリング プラットフォームを使うと、今すぐPolarFire SoCを評価し、設計を始められます。このプラットフォームは、PolarFire SoCを対象とした組み込み設計向けのMicrochip社SoftConsole統合設計環境(IDE)に統合済みです。PolarFire FPGAを実装したHiFive Unleashed Expansion BoardとSiFive社RISC-Vマイクロプロセッサ サブシステムを実装したHiFive Unleashed Development Boardで構成されたPolarFire SoC開発キットも提供中です。詳細はhttp://www.microsemi.com/polarfiresocをご覧になるかsales.support@microsemi.comにお問い合わせください。


Microchip社の新しいMi-V組み込みエキスパート プログラム
Microchip社はMi-V組み込みエキスパート プログラムを始めました。本プログラムはPolarFire SoCのハードウェア/ソフトウェア設計でお客様を支援する世界的なパートナー ネットワークです。最終製品のライフサイクル全体を確実にサポートし、開発工数の削減と開発期間を支援します。また、メンバーはMicrochip社技術サポートを利用でき、開発プラットフォームとサンプルデバイスを利用できます。詳細はhttp://www.microsemi.com/product-directory/fpga-soc/5210-mi-v-embedded-ecosystemをご覧になるか、Mi-V-EmbeddedPartner@microchip.comにお問い合わせください。

Microchip社について
Microchip Technology社(以下、Microchip社)は、マイクロコントローラ、アナログ、FPGA、コネクティビティ、電源管理半導体のトッププロバイダです。使いやすい開発ツールと包括的な製品ポートフォリオにより、リスクを低減する最適な設計を作成し、総システムコストの削減、迅速な商品化を実現できます。弊社は産業、車載、民生、航空宇宙と防衛、通信、コンピューティングの市場で130,000社を超えるお客様にソリューションを提供しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細はMicrochip社ウェブサイト(http://www.microchip.com)をご覧ください。


詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社): daphne.yuen@microchip.com

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000186069&id=bodyimage1

情報提供元:Dream News
記事名:「Microchip、リアルタイム性能をLinuxにもたらし低消費電力、セキュアで高信頼性の設計を可能にするRISC-V SoC FPGAアーキテクチャを発表