【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000185918&id=bodyimage1

・ SONGSORB(r) CS 400 UV安定剤などの製造能力を1,000トンに増強
・ 光および熱安定化ソリューションの提供で、コーティング市場のユーザーをサポート
・ 原材料からの一貫生産体制を実現し、スペシャルティケミカルズ事業を強化

ウルサン・韓国 - 2018年12月4日 - SONGWON Industrial Group(www.songwon.com)は、高性能コーティング用紫外線吸収剤SONGSORB(r) CS 400の製造と蒸留を行う韓国の水原(スウォン)プラントにおいて、新たな生産ラインが稼動開始したことを本日発表しました。これにより同プラントの総生産能力は約1,000トンとなり、SONGSORB(r) CS 400の製造において原材料から最終製品までの全工程で完全な一貫生産体制が確立します。

また同プラントでは、SONGSORB(r) CS 400や他のコーティング添加剤に加えて、紫外線吸収剤とヒンダードアミン光安定剤とのブレンド製品が製造されます。

ソンウォンのマーケットセンター・コーティングのリーダーであるロザンナ・テレスカは、「この生産ラインは、昨年韓国の梅岩(メアム)工場敷地内に設立されたテクノロジーイノベーションセンターと共同で、光および熱安定化に向けた次世代ソリューションの開発を進めています。これは、コーティング市場のお客様を支援するというソンウォンのコミットメントを示すものです。」と話しています。

SONGSORB(r) CS 400はヒドロキシフェニルトリアジン(HPT)系の液状紫外線吸収剤であり、自動車や工業用途に用いられるハイソリッド塗料や、水系や溶剤系の塗料に用いた場合も、高性能および耐久性を確実に発揮できるよう設計されています。本製品は、非常に高い熱安定性および高い焼付けサイクルや、過酷な外部条件にさらされるコーティングに対して卓越した耐性を付与します。SONGSORB(r) CS 400は、アミン触媒や金属触媒コーティングおよびベースコートやこれらの触媒を含む基材の上に塗布するコーティングにも適しています。

成長戦略の一環として、ソンウォンはこれまでの経験を活かし、同社が注力する塗料、インキ、接着剤など特殊化学品の提供および強化に向けたさらなる技術開発を進めています。原材料からの一貫生産体制は、ソンウォン製品の供給安定性を向上すると共に、高い品質の確保に寄与します。



SONGWON Industrial社について
1965年に設立されたソンウォンは、韓国・蔚山(ウルサン)に本社を構える、添加剤および特殊化学製品の開発、生産、供給におけるリーディングカンパニーです。ソンウォンは世界第二位のポリマー安定剤メーカーであり、世界各国にグループ会社を展開し、世界的な事業基盤と容易にアクセス可能な各地域における事業組織の双方を保有するメリットをお客様に提供します。ソンウォンの専門チームは顧客との密接な連携によって、個々の要件を満たすテーラーメイドのソリューションを開発しています。
詳細については、ウェブサイトをご参照ください。http://www.songwon.com

本プレスリリースについてのお問い合せ先
株式会社東京PR ソンウォン担当
〒103-0022 東京都中央区日本橋室町4-3-15 三渓洞ビル5F
Tel:03-3273-2731 Email:pressinquiry@tokyopr.co.jp

情報提供元:Dream News
記事名:「ソンウォン、韓国・水原プラントの生産能力を拡大