株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『「発達障害」という個性 AI時代に輝く――突出した才能をもつ子どもたち』(大坪 信之 著)を2018年12月4日に発売いたします。
――――――――――――――――――――――――――
もう問題児とは言わせない!
教育次第で発達障害児の未来は大きく変わる!

近年増加している「発達障害」の子どもたち。
2007年から2017年の10年の間に、7.87倍にまで増加しています。
メディアによって身近な言葉になりつつも、まだ深く理解を得られたとは言い難く、彼らを取り巻く環境も改善したとは言い切れません。そういった環境で成長した子どもたちは、学校で「問題児」と扱われることも多く、不登校になったり、社会に出た時に生き辛さを感じてしまう場合もあります。
しかし、発達障害を公表している著名人が多く存在し、活躍しているのも事実です。
本書では、幼児期の教育に焦点を当て、「潜在能力を引き出す」「才能を伸ばす」ヒントをまとめています。発達障害の子どもたちも、社会で活躍できる可能性を持っています。自らも発達障害であるという著者が、「発達障害の可能性を多くの人に知ってもらいたい」と書き上げた一冊です。

【書籍情報】
書 名:『「発達障害」という個性 AI時代に輝く――突出した才能をもつ子どもたち』
著 者:大坪 信之(オオツボ ノブユキ)
発売日:2018年12月4日
定 価:1,400円(税別)
体 裁:四六版/212ページ
ISBN :978-4-344-92036-1

【目次】
第1章 「発達障害」は「障害」ではない
第2章 「6歳まで」がポイント 発達障害児の未来を左右する幼児期の教育
第3章 発達障害児の潜在能力を引き出す 家庭での過ごし方
第4章 「訓練」ではない発達障害児教育を目指す 幼児教育の取り組み
第5章 もしも「発達障害」という言葉がなかったら ―教育の新時代へ―
補章 「発達障害」について知るべき5つの現実

【著者プロフィール】
大坪 信之(オオツボ ノブユキ)
株式会社コペル代表取締役
1963年福岡県生まれ。大学卒業後、日本アイ・ビー・エム株式会社にてシステム開発や営業業務に従事する。自身の子育て中の経験から幼児教育に興味を持ち、1994年に徳育教室(現コペル)を設立。幼児教室コペルの運営を通じて、子どもの心の教育を志し、様々な研究に取り組んでいる。全国各地で子育てセミナーや子どもの潜在能力を引き出すための講演活動なども多数実施。福岡大学人間関係論非常勤講師、一般社団法人徳育学会会長、日本メンタルヘルス協会公認カウンセラー。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000185599&id=bodyimage1

情報提供元:Dream News
記事名:「6歳までの教育がポイント―発達障害児の才能を引き出すためのヒント集『「発達障害」という個性 AI時代に輝く――突出した才能をもつ子どもたち』2018年12月4日発売!