パーティションで快適空間・機能空間を創造するメーカーのコマニー株式会社(本社:石川県小松市、
代表取締役社長執行役員:塚本幹雄)は、11月5日~6日に実施された2018国際平和のための世界経済人会議(広島県広島市 広島国際会議場)にて開催された広島SDGsビジネスコンテスト2018(広島県主催)において、優秀賞を受賞しました。
同コンテストで最優秀賞を受賞したのは石川県能美市で瓦リサイクル業を営む株式会社エコシステムでした。また、同時に表彰が行われた、SDGs(エスディージーズ)に関するビジネスの推進において積極的に取り組んでいる個人を表彰する『SDGsビジネスアワード グローバルイノベーター賞(一般社団法人BoP Global Network Japan主催)』には当社常務執行役員で経営企画本部長の塚本直之(つかもとなおゆき)と株式会社エコシステム 代表取締役の髙田実氏(たかたみのる)が受賞し、石川県企業の両名の受賞となりました。

本選では、予選通過した7社によるプレゼンテーション
本ビジネスコンテストには、10月に行われた書類審査、及び東京・大阪・金沢会場にて開催された予選(プレゼンテーション)を通過した7社が広島で行われた本選大会に出場しました。当日は『2018国際平和のための世界経済人会議』のスタートアッププログラムとしてコンテスト本選が開かれ、本選に出場した7社はそれぞれ、5分のプレゼンテーションを行いました。当社からは常務執行役員 塚本直之が登壇しました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184432&id=bodyimage1

災害時、二次被害ゼロの社会をつくるビジネスアイデア ~キレイな避難所トイレ環境~
当社は2011年に発生した東日本大震災以降、震度7相当※の地震にも耐えられる高耐震間仕切『Synchron(シンクロン)』や避難所で短時間に設置できる感染症対策の診療スペース『ケアラクス』などを開発、展開してきましたが、人に最も大きなストレスがかかる災害発生直後から復旧期にかけての製品開発はできていませんでした。今回のビジネスコンテストでは『災害時、二次被害ゼロの社会をつくる』という未来像を描き、その実現のために『キレイな避難所トイレ環境』をつくり出すことが健康二次被害の低減に大きく寄与する可能性があることを示し、提案したビジネスアイデアで優秀賞を受賞しました。

※東日本大震災で震度7を観測したKiK-net芳賀波による
加振試験で損傷がありませんでした。


【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184432&id=bodyimage2

コマニー 常務執行役員 塚本直之のコメント
本年4月2日に当社は『コマニーSDGs宣言』を行い、9月末にはSDGsを経営に実装するための『コマニーSDGs∞(メビウス)モデル』を採択し、取り組みを進めてきました。私たちはSDGsに出合ったからこそ、世の中の社会課題からバックキャスティングで自身のビジネスと結びつけることを考えられるようになりました。そのような過程から生まれたのが、今回のビジネスアイデアです。この取り組みが受賞という形で認められたことがとても嬉しいです。今後もSDGs実現の取り組みを加速し、世の中の幸福に貢献することを通じて企業価値を向上させていきます。

◆SDGsビジネスアワードについて
一般社団法人BoP Global Network Japanと金沢工業大学平本研究室が日本を代表するシンクタンクに所属するSDGsビジネス第一人者の方々の協力を得ることで、日本中から日本企業によるSDGsビジネスの先行事例を選出し、その中で特に優れた取り組みを表彰することを通じて、その取り組みに関する情報を世界に発信することを目的に、2017年に創設された。2018年は、表彰対象をSDGs推進に積極的な取り組みを行う個人とし、実施された。

◆一般社団法人BoP Global Network Japanについて
BoP※ビジネスの提唱者の一人であるDr.Stuart Hart氏(ドクター.スチュアート ハート)が設立したBoPビジネスの世界的有識者ネットワークにおける日本のローカルネットワーク。日本企業を中心としたBoPビジネス関連の取り組みに関して、広く海外に情報発信するとともに世界動向の把握とその日本国内への共有を通じ、持続可能な世界の形成に寄与することを目的とする。

代表理事:平本 督太郎氏

※ base of the economic pyramid の略:低所得層を対象とする国際的な事業活動

◆広島SDGsビジネスコンテスト
広島県で企業によるSDGsビジネスの推進を活性化することを目的に、2018国際平和のための世界経済人会議のプログラムの一つとして、広島を基点とした、SDGsビジネスの具体的な取り組みの創出を図るためのピッチセッションを開催。最終選考に選ばれた7社は、11月5日に開催された2018国際平和のための世界経済人会議のスタートアッププログラムにて最終発表を実施。

https://www.hiroshima-wbcwp.com/


◆コマニー株式会社 会社概要
商号:コマニー株式会社
所在地:〒923-8502 石川県小松市工業団地一丁目93番地
設立:昭和36年8月18日
資本金:7,121百万円
売上高:連結:32,387百万円 単体:31,391百万円
株式総数 :9,924,075株
株主数: 2,855名
従業員数:連結:1,475名  単体:952名
事業内容:間仕切製造 及び 設計、施工、販売ならびに内装工事

◆コマニー株式会社について
コマニーは「お客様のそばには常に当社の商品があり、誰もが心地よく感じるような空間を提供していく」パーティションのリーディングカンパニーです。

オフィスビル、工場、教育、医療、福祉、商業、公共施設などあらゆる空間で、機能性やデザイン性を追求した空間・間仕切製品のご提供を日本をはじめ、中国や東南アジアなどグローバルに展開しています。

■報道関係者お問合せ:コマニー株式会社 経営企画部
■TEL:0761-21-1201 FAX:0761-24-1901
■担当:北村 E-mail:n-kitamura@po.comany.co.jp

https://www.comany.co.jp
facebook.com/comany.co.jp

情報提供元:Dream News
記事名:「11月5日~6日に実施された国際平和のための世界経済人会議で優秀賞を受賞  ~災害時にキレイなトイレ環境を創造~ SDGsビジネスアワード石川県企業がW受賞の快挙