Press Release 新ブランド発表 2018年11月8日(木)

オートクチュール・フラワーブランド「装花TOKYO」(東京都世田谷区・代表 杉山香林)は、新しいブランドラインとして、店舗装飾用品/インテリア用品に特化したフラワー・ディスプレイブランド「uTsuRoi by装花TOKYO(うつろい バイ ソウカトウキョウ)」を11月8日(木)にローンチし、同日オンライン販売を開始します。

<販売サイト http://utsuroi.stores.jp

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184410&id=bodyimage1


●ブランド概要と既存ブランドラインとの違い

「uTsuRoi by装花TOKYO」は、本物の植物を使った店舗ディスプレイ・インテリア商品を、年4回のシーズンイベントに合わせて限定リリースするブランドです。

既存ブランドライン「装花TOKYO」では、ご注文案件ごとに、生花のみにこだわった一点もののオリジナルデザインをオーダーメイドでご提供しておりますが、「uTsuRoi by装花TOKYO」は、ドライフラワーや押し花などを使用した、既製デザインのブランドラインとなります。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184410&id=bodyimage2

●新ブランド立ち上げの経緯

これまで、命ある生花のみにこだわり、アーティフィシャル・フラワーなどの造花は使用せず、フラワースタイリングをしてまいりました。

手が掛かり、不安定で、盛りに限り有る命の一瞬の輝きこそが人の心を打つと信じているからです。

ですが、その植物の命は、人間と同じように瑞々しい盛りを超え、枯れても尚美しいものです。

そこで、ドライフラワーとなって次の生き様を見せてくれる植物たちの「Next Life Stage」にスポットライトをあてることで、日本人のうつろいゆくものに美を見い出す感性を表現してみたいと思いました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184410&id=bodyimage3


●デザインコンセプト

通常のドライフラワー商品は、温かみのあるカントリー調、ナチュラル調のものが多くありますが、「uTsuRoi by装花TOKYO」では、「どこか翳り(かげり)のある」テイストをデザインコンセプトとして提示してまいります。

植物が持つ、華やかさだけではない、グロテスクさや儚さ、畏れを感じさせる存在感や厳しさを、命のうつろいの中でお見せできたらと考えています。

店舗や個人宅のインテリア商品として、華美に派手に飾るよりは、シンプルで高潔なイメージを目指しています。



●商品展開

新ブランドでは、シーズナルで年4回のみ、限定的な商品展開となります。
ブランドローンチ時の11月8日は、シーズン1として、〈フローズン・クリスマス〉をコンセプトに商品をリリースします。

2018年12月には、お正月商品として「注連飾り」の販売を予定しております。

- 4月 母の日
- 9月 ハロウィン
-11月 クリスマス
-12月 お正月

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184410&id=bodyimage4

---------------オートクチュール・フラワーブランド「装花TOKYO」プロフィール---------------

・代表:フラワーデザイナー 杉山香林 ( instagram:@karin_sugiyama)
・HP:http://sokatokyo.com
・Facebookページ:http://facebook.com/sokatokyo
・住所:〒156-0043 東京都世田谷区松原1-41-7-2F
(アトリエ兼事務所 店舗販売はしておりません)
・お問い合わせ:contact@sokatokyo.com

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184410&id=bodyimage5

情報提供元:Dream News
記事名:「オートクチュール・フラワーブランド「装花TOKYO」が、 新ブランドライン「フラワー・ディスプレイブランド <uTsuRoi by装花TOKYO> 」をローンチ