2017年の訪日外国人客数は対前年比19.3%増、2869万人となりました。一方、
1人当たりの支出額でみると、実は対前年比1.3%減と2年連続の減少。“爆買”が
ブームとなった2015年に比べると、伸びはゆるやかとなっています。この背景には、
訪日観光客の内容の変化が挙げられます。

大きな比率を占める中国や韓国、台湾、香港などアジアからの訪日観光客の関心は、
耐久財や贅沢品に加えて、化粧品や日用品など日常的に使う商品に広がっています。
また、消費するエリアも、大都市から地方都市へと拡大しています。ふだんの生活に
必要とされる商品を扱うチェーンストア、そして地方都市の店舗にもインバウンド
需要を取り込むチャンスがあるといえるでしょう。

このチャンスを掴むためには、訪日観光客の消費動向を理解し、売場で提案する
必要があります。今回のセミナーでは、訪日観光客の消費データやトレンド分析、
そして商品販促・売場提案のエキスパートを講師に迎え、変化するインバウンド
需要を取り込む方法を学んでいきます。

セミナーの詳細・申込みはこちらから ⇒ http://diamond-rm.net/seminar/7122/





【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184268&id=bodyimage1

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000184268&id=bodyimage2

【開催概要】
・開催日 : 2018年12月4日(火) 14:00~17:20/受付開始 13:30
・会場 : エッサム神田2号館 401会議室  東京都千代田区内神田3-24-5 TEL:03-3254-8787
・受講定員: 100人 ※ (最低実施人数40人)
・受講料: 1万円(税込)
・主催 : 株式会社ダイヤモンド・リテイルメディア
・協賛:株式会社True Data、株式会社mov
※協賛企業と同業種(データ分析企業)のご参加はお断りいたします。

【講演(1)】
「ドラッグストア売上データから見るエリア別インバウンド消費最新動向」
 株式会社True Data アナリティクス・ソリューション部次長 鳥谷 正彦 氏

【講演(2)】
「インバウンド需要獲得のための販促、最新戦略」
 株式会社mov インバウンド研究室 室長 田熊 力也 氏

【講演(3)】
「リアル店舗から見えるこれからのインバウンドマーケティング」
 VISIT MARKETING株式会社(サツドラホールディングス株式会社グループ会社) 代表取締役社長 大内 秀伸 氏
 (株式会社サッポロドラッグストアー インバウンド事業部ディビジョンマネジャー兼務)

セミナーの詳細・申込みはこちらから ⇒ http://diamond-rm.net/seminar/7122/
ご不明な点はセミナー事務局担当:田中浩介までご連絡下さい
TEL:03-5259-5933  E-mail:drm-support@diamond-rm.co.jp

情報提供元:Dream News
記事名:「ダイヤモンド社グループの流通専門出版社が12月4日(火)に セミナーを開催 もう“爆買”に頼らない! 「データ」「トレンド」「売場」分析で 激変するインバウンド需要を読み解く