トーハン「ほんをうえる」
『小学一年生』12月号で大特集が組まれた『ほぼ日のアースボール』書店店頭販売開始

株式会社トーハン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:近藤敏貴)は、「ほんをうえる」の新たな取り組みとして、11月より『ほぼ日のアースボール』(発売:株式会社ほぼ日)の書店店頭での販売を開始します。

同商品は、これまで書店を通して全国の公共図書館・学校図書館限定で販売していましたが、このほど一般のお客様に向け、店頭での販売が可能となりました。11月1日発売の『小学一年生』12月号では『ほぼ日のアースボール』が特集されており、好奇心旺盛な子どもたちの関心を呼ぶこと必至です。

『ほぼ日のアースボール』
【特徴】
○タブレットを使って遊べる、AR技術搭載の新しい地球儀
○まるくて、かるくて、やわらかい。軸もなくした、自由な地球儀
○精密で正確な地図を、詳しくわかりやすくデザイン
○スマホをかざすと世界の写真や動画、情報にアクセス可能

本体サイズ:直径約27cm・重量 80g ※台座(ポリカーボネート)付き
材質:非フタル酸PVC 生産国:日本
本体地図データ:縮尺1:47,650,000/地勢タイプ(標高差による色分け)/日本語(一部英語併記)
価格:5,940円(税込) 発売:株式会社ほぼ日 https://earthball.1101.com/

※「ほんをうえる」は、植物に水をやってゆっくりと育てるように、本をもっとていねいに売っていこうとトーハンが始めた施策です。



【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000183931&id=bodyimage1

【本件に関するお問い合わせ先】
株式会社トーハン  広報室  TEL:03-3266-9587

情報提供元:Dream News
記事名:「トーハン「ほんをうえる」 『小学一年生』12月号で大特集が組まれた『ほぼ日のアースボール』書店店頭販売開始