株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内の地域エネルギーマネジメント事業を調査し、事業者の現状と戦略を分析して、同事業における設備・システムの構築市場規模推移を明らかにいたしました。

2030年度の国内地域エネルギーマネジメント事業における設備・システム構築市場規模を350億円と予測
~電力自営線を使用するスマートコミュニティ事業で省エネとBCPを実現~

1.調査期間:2018年5月~9月
2.調査対象:地域エネルギーマネジメント事業者、地方自治体、コンサルティング・エンジニアリング事業者
3.調査方法:当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用
4.発刊日:2018年9月21日

<地域エネルギーマネジメント事業とは>
本調査では、スマートコミュニティ(あるいはスマートシティ)事業の中で、電力自営線を使用して、地域の需要に合わせて管理制御したエネルギーを供給する事業を地域エネルギーマネジメント事業と定義した。
電力自営線は地域エネルギーマネジメント事業者が自ら設置・管理する送配電線であり、電力系統停電時においても自立的に電力供給が可能となる。

プレスリリースの詳細は以下をご参照ください。

■プレスリリース
https://www.yano.co.jp/press-release/show/press_id/2008
※掲載されている情報は、発表日現在の情報です。その後予告なしに変更されることがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合わせ
⇒プレスリリースの内容や引用についてのお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php/press

⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php

株式会社矢野経済研究所
https://www.yano.co.jp/

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000182812&id=bodyimage1

情報提供元:Dream News
記事名:「【矢野経済研究所プレスリリース】地域エネルギーマネジメント事業に関する調査を実施(2018年)-2030年度の国内地域エネルギーマネジメント事業における設備・システム構築市場規模を350億円と予測-