ポラスグループのポラスハウジング協同組合(草加市 代表理事:中内 晃次郎)では、国土交通省主催の優秀施工者国土交通大臣顕彰において、平成30年度『青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰(建設ジュニアマスター)』をポラスハウジング協同組合の隅 悠多(すみ ゆうた)が受賞いたしました。2018年10月5日に執り行われた優秀施工者国土交通大臣顕彰式典では、石井 啓一国土交通大臣、野村 正史土地・建設産業局長ご臨席のもと、建設ジュニアマスター101名及び大工職種11人名の中で最年少の受賞(29歳)となりました。

隅 悠多(すみ ゆうた)は2008年4月入社後以来、住宅建築現場業務に建築大工として従事し技術・技能向上に励み、技能五輪全国大会 金賞1回、銀賞1回、敢闘賞1回、技能グランプリ敢闘賞1回を受賞、その他、彩の国 第24回技能まつり最優秀賞を受賞するなど優秀な成績を残しつつ、高い技術を後輩へ伝承し指導育成にも注力してまいりました。併せて、ポラスグループの専属大工である縄本 潮(なわもと うしお)氏が『優秀施工者国土交通大臣顕彰(建設マスター)』を受賞いたしました。

国土交通省では、現場の第一線で「ものづくり」に直接従事し、特に優秀な技能・技術を持ち、後進の指導・育成等に多大な貢献をしている建設技能者の方々を対象として「優秀施工者国土交通大臣顕彰」を実施しています。平成27年度より、次世代の建設現場の担い手を確保・育成すること、建設マスターに達するまでの技術・技能の向上を図ることを目的として、優秀な技術・技能を持ち、今後さらなる活躍が期待される青年技能者の方々を対象として、新たに建設ジュニアマスター(青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰)が設けられ、ポラスグループでは4年連続での顕彰の受賞となりました。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000182598&id=bodyimage1

情報提供元:Dream News
記事名:「平成30年度『青年優秀施工者土地・建設産業局長顕彰』 ポラスハウジング協同組合の『隅 悠多(すみゆうた)』が 建設ジュニアマスター顕彰を受賞