一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構(J-spacesystems)と欧州リモートセンシング企業協会(EARSC)は、協力協定(2016年11月)を締結し、これまでに日欧宇宙ビジネスウィーク(2017年9月)等会員間の相互交流や情報共有を推進しています。
この度、両機関は、10月29日~11月2日京都にて開催されますGEO WEEKに合わせて、日欧の衛星データプラットフォームの最新情報を提供する場として、「衛星データプラットフォームセミナー~日欧衛星データプラットフォームの最新情報を知る!~」を開催します。今回セミナー内容のご案内をするとともに、参加者の募集を開始します。
本セミナーでは、日欧での政策的な位置づけ、本格運用目前の2つの欧州データプラットフォームである「sobloo (ソブロー)」、「ONDA(オンダ)」さらに日本初の衛星データプラットフォーム「Tellus(テルース)」の開発事業者から最新情報を紹介頂きます。
また、 J-spacesystems とEARSC会員企業から、プラットフォームの利活用などについて発表します。
日欧の衛星データ利用ビジネス交流の一助となれば幸いです。皆様のご参加を心よりお待ちしています。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000182539&id=bodyimage1

<セミナー内容>
日時:2018年11月1日(木) 9:30-12:40(予定)(14:00-16:00 個別面談)
場所:グランドプリンスホテル京都 宴会場 ”比叡(ひえい)“
共催:一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構、欧州リモートセンシング企業協会
後援:日欧産業協力センター
言語:英語
定員:40名
参加費用:5,000円 (要事前登録)
申し込みサイト:https://japan-eu-dataplatform.peatix.com
詳細は下記のURL、添付のパンフレットをご覧ください。
https://www.bizcourt.space/news/2018/10/111.html


<補足>
2016年11月23日に一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構(http://www.jspacesystems.or.jp/)は、内閣府宇宙開発戦略推進事務局(S-NET:https://www.s-net.space/)及び日欧産業協力センターの協力を得て、Brussels EU Commission Meeting Roomにて欧州の宇宙産業機関である欧州リモートセンシング企業協会(EARSC:European Association of Remote Sensing Companies:http://earsc.org/)と協力協定を締結しました。

<一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構(J-spacesystems)>
代表者:理事長 中畔弘晶
所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園三丁目5番8号 機械振興会館3階
TEL:03-6435-6841
URL:一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構 https://ssl.jspacesystems.or.jp/

<日欧産業協力センター (EU-Japan Centre for Industrial Cooperation)>
代表者:日本側事務局長 大隅 正憲
EU側事務局長 フィリップ・ド・タクシー・デュ・ポエット (Philippe de Taxis du Poet)
所在地:〒108-0072 東京都港区白金1-27-6 白金高輪ステーションビル4F
URL:日欧産業協力センター https://www.eu-japan.eu/ja



情報提供元:Dream News
記事名:「【参加者募集のお知らせ】11月1日(木)衛星データプラットフォームセミナーを京都にて開催