業界最先端のモバイル・セキュリティ・ソリューションを独自のデバイス上セキュリティ技術で拡張。不正なマルウェア、ボットネット、フィッシング攻撃の被害を阻止

米カルフォルニア州 サン カルロス - 2018年7月26日(日本では2018年8月10日付)
ゲートウェイからエンドポイントまで、包括的セキュリティを提供するチェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point(R) Software Technologies Ltd. NASDAQ: CHKP)は本日、業界最先端のモバイル向け脅威対策ソリューション「SandBlast Mobile」に新機能を搭載した「SandBlast Mobile 3.0」を発表しました「SandBlast Mobile 3.0」は企業向けの脅威対策技術を提供する唯一のモバイル・セキュリティ・ソリューションとして、モバイル・デバイスを活用した安全性なビジネス環境を実現します。

「SandBlast Mobile 3.0」はネットワークの脅威対策を提供するオンデバイス技術により、モバイル・セキュリティの新たなスタンダードを確立します。新しい機能を搭載した「SandBlast Mobile 3.0」では次の対策が可能となります。
● あらゆるアプリケーションでフィッシング攻撃を阻止
● 感染のおそれがある不正なサイトへのデバイスのアクセスを阻止
● 感染したデバイスからボットネットに対する機密データの送信を阻止
● 感染したデバイスによる社内のアプリケーションやデータへのアクセスを阻止
● ユーザ自身の対応やモバイル管理プラットフォームに頼らず脅威を緩和

チェック・ポイントの製品管理担当バイスプレジデントを務めるイタイ・グリーンバーグ(Itai Greenberg)は、「モバイル・デバイスはビジネスのITエコシステムで重要なパートを占めています。しかしモバイル・デバイスで保存や処理されている企業資産の価値を考えると、ほとんどの企業では適切な保護対策が取られているとは言えません。企業では包括的な脅威対策を導入してあらゆるモバイル・デバイスを保護し、セキュリティのウイーク・ポイントを作らないようにする必要があります。「SandBlast Mobile 3.0」に搭載された新しい機能により、クラス最高の脅威対策技術をモバイルにも適用し、企業のネットワーク、エンドポイント、クラウド、モバイルのすべてを総合的に保護できます」と述べています。

SandBlast Mobileは高度なサイバー攻撃を阻止できる最も包括的な脅威対策ソリューションです。パフォーマンスやユーザ・エクスペリエンスを損なうことなく、OS、アプリ、ネットワークを保護する機能を備え、業界最高の脅威検出率を実現します。

独立系テスト機関Miercomのレポート『Mobile Threat Defense Industry Assessment』(http://pages.checkpoint.com/miercom-report-mobile-cyberattack-prevention-1.html)では、テストに参加したすべてのソリューションの中でSandBlast Mobileが最高の脅威検出率を記録しています。モバイル・デバイスに対する攻撃経路は、既知のマルウェア、ネットワークやOSのエクスプロイトに加え、ゼロデイ・マルウェア、モバイル上のマイニング・マルウェア、SMS攻撃、Bluetoothのエクスプロイトに拡大しています。こうした状況を踏まえて、チェック・ポイントはセキュリティ・アーキテクチャ「Infinity」の一環として、包括的に対応できるソリューションを企業のお客様に提供しています。Infinityでは、ネットワーク・アプライアンス、エンドポイントのPC、クラウド、モバイルの間で関連指標がシームレスに共有されます。

「SandBlast Mobile 3.0」は発表同日から提供が開始されます。
詳細はwww.checkpoint.com/mobilesecurityでご確認ください。

本リリースは、米国時間7月26日に配信されたものの抄訳です。
リリース本文はこちらをご確認ください。
https://www.checkpoint.co.jp/press/2018/pressrelease_20180810.html

■チェック・ポイントについて
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ( www.checkpoint.com )は、世界各国の政府機関や企業などあらゆる組織に対応するサイバー・セキュリティ・ソリューションを提供しています。業界随一の検出率を誇る先進のソリューションにより、お客様のネットワークを、マルウェアやランサムウェアなどの多岐にわたるサイバー攻撃から保護します。企業のクラウドやネットワークのほかモバイル・デバイスに保存されている情報を保護するマルチレベルのセキュリティ・アーキテクチャに加え、直感的で操作性に優れた総合的かつ一元的なセキュリティ管理システムを展開しています。世界の10万以上の組織・企業がチェック・ポイントのセキュリティ製品を利用しています。チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズの全額出資日本法人、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ株式会社( http://www.checkpoint.co.jp/ )は、1997年10月1日設立、東京都新宿区に拠点を置いています。



情報提供元:Dream News
記事名:「チェック・ポイント、SandBlast Mobile 3.0を発表 最高レベルの脅威対策技術をモバイル・デバイスに適用