J-spacesystems は、内閣府・経済産業省と連携し、「S-NET」活動に取り組みます。その一つとして、J-spacesystemsが運営する「宇宙ビジネスコート」は、S-NETのビジネス相談窓口として、宇宙ビジネスを志す個人や企業等の取組を持続的に支援します。(2018年7月13日より開始)
S-NET活動は、これまで、各地におけるセミナー実施等を通じて、宇宙ビジネスのすそ野の拡大を図ってきました。S-NETの会員数は既に500名を超え、既存の宇宙産業に加え、多様な分野の企業等が参加する一大ネットワークとなっています。
地方自治体・団体等が、既に各地で先導的に行っている取組をさらに自律的・持続的なものへと発展させるため、宇宙ビジネスコートの「宇宙ビジネス・コーディネーター」が、地域の産業拠点や企業に向けてビジネス面・技術面でのアドバイス等を行い、さらに新サービス創出のための企画・コーディネート・マッチングを行います。
宇宙ビジネスコートは、3年目の活動を迎えたS-NETと連携し、宇宙ビジネス事業の実行段階における課題の解決に向けサポートしていきます。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000177247&id=bodyimage1

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000177247&id=bodyimage2

<補足>
※1スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET)について
S-NETは、内閣府・経済産業省が主催する、“宇宙”をキーワードに、新産業・サービス創出に関心をもつ企業・個人・団体等が参加するネットワーキング組織です。宇宙産業に参入済みの企業だけでなく、これまでは非宇宙産業と位置付けられていた企業やVC(ベンチャーキャピタル)など、サプライサイドからデマンドサイドまでの多様なプレイヤーのコラボレーションを促進。横の繋がりを活かした様々な活動を通じて宇宙産業のすそ野を拡大し、革新的なビジネスアイデアの創出を促します。
http://www.uchuriyo.space/

※2宇宙ビジネスコートについて
J-spacesystemsが運営する宇宙ビジネスコートは、宇宙を利用した新しいサービスの事業化をアイデア段階からお手伝いする日本で初めてのプラットフォームです。
J-Spacesystemsは、30年にわたり、地球観測センサー・地球観測衛星の開発・運用、衛星データの提供・解析に携わり、宇宙利用に関する多くの知見とネットーワークを有する非営利団体です。
宇宙ビジネスコートは、J-spacesystemsのこれまでの蓄積を活かし、宇宙に係わる新たな事業創出を目指す方々の事業化をサポートいたします。
https://www.bizcourt.space

<主催>
団体名:一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構
代表者:理事長 中畔弘晶
所在地:〒105-0011 東京都港区芝公園三丁目5番8号 機械振興会館3階
TEL:03-6435-6841
URL:一般財団法人宇宙システム開発利用推進機構 http://www.jspacesystems.or.jp/
宇宙ビジネスコート https://www.bizcourt.space/

情報提供元:Dream News
記事名:「宇宙ビジネスコートは、スペース・ニューエコノミー創造ネットワーク(S-NET※1)のビジネス相談窓口として、宇宙ビジネスを志す個人や企業等の取組を持続的に支援します。