IoT・クラウド・ブロックチーェンセキュリティ専門企業のペンタセキュリティシステムズ株式会社(日本法人代表取締役社長 陳・貞喜、https://www.pentasecurity.co.jp、以下ペンタセキュリティ、韓国本社、ヒューストン/米国法人)は、5月8日~5月10日に福岡で開催された「第16回アジア太平洋地域ITSフォーラム2018福岡(The 16th ITS Asia-Pacific Forum FUKUOKA 2018)に参加し、コネクティッドカー・セキュリティソリューションの「アウトクリプト(AutoCrypt(R))」を展示し、電気自動車(EV)に対するセキュリティについてセミナーを行ったことを明らかにした。

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000173836&id=bodyimage1

「アジア太平洋地域ITSフォーラム」は、次世代交通環境基盤の高度道路交通システム(Intelligent Transport Systems:ITS)に対し、アジア太平洋地域における技術発展や新規ビジネスの創出を目的に開かれる。韓国政府機関の国土交通部をはじめ、韓国道路公社、ソウル市、チェジュ市などの公共機関および地方自治体が共同で構成した韓国ブースにおいてペンタセキュリティは、次世代協調型高度道路交通システム(Cooperative Intelligent Transport Systems:C-ITS)のモデルビジネスに参画した企業として、当社のスマートカー・セキュリティソリューションの「アウトクリプト(AutoCrypt(R))」を展示し、これまで行ってきたITS関連のビジネス活動などを紹介した。

「アウトクリプト(AutoCrypt(R))」は、車両の外部から内部への攻撃トラフィックを検知・遮断する車両用Webアプリケーションファイアウォールの「AutoCrypt AFW」と、車両と外部インフラ間の安全な通信確立を保障する「AutoCrypt V2X」、車両用PKI認証システムの「AutoCrypt PKI」、車両用鍵管理システムの「AutoCrypt KMS」といった、スマートカー・セキュリティに求められるすべての機能を提供するトータルセキュリティソリューションである。ペンタセキュリティは、韓国の次世代協調型高度道路交通システム(Cooperative Intelligent Transport Systems:C-ITS)ビジネスに採用されている「AutoCrypt V2X」搭載のOBU端末と、「AutoCrypt AFW」デモシステムを展示し、技術試演を行った。

ペンタセキュリティのIoTセキュリティR&Dセンター所長のシム・サンギュは、今回のイベントで行った「電気自動車(EV)の充電時に必要なセキュリティシステム」に関するセミナーで、電気自動車(EV)の「Plug&Charge」の充電環境において発生可能なセキュリティ課題と、その解決策を提示した。また、シム・サンギュは「内燃機関の使用を削減するグローバル的な傾向による電気自動車(EV)の急浮上は、自動車の動力源が化石燃料から電気へ移り替わることだけではなく、自動車が代表的なIoTデバイスに移り変わることでもある。」とし、「自動車に対しても、IoTセキュリティの中核でる‘セキュリティから始まる。そしてつなぐ。’の原則を適用する必要がある」と話した。

情報提供元:Dream News
記事名:「ペンタセキュリティ、アジア太平洋地域ITSフォーラムへ参加