「どのようなときに、どんな場面で、どの発想法を使えばいいのか?」にフォーカスしている点が、これまでのアイデア発想法についての解説書とは大きく異なる特徴となります。市場調査会社の研究員たちが、実際の業務のなかで試行錯誤しながら少しずつ培われてきた知見をまとめた実用書として編集しております。
「どのようなビジネスシーンにおいても最適なアイデア発想法を見つけられるように編集しました。多くのビジネスパーソンに役立つ内容であると自負しています」(著者)

内容・目次概要等はこちらから
https://www.yano.co.jp/60thanniversary/idea/index.php

【書籍概要】
出版社:株式会社CCCメディアハウス
体 裁:単行本(ソフトカバー)128ページ
定 価:本体1,200円+税
著 者:矢野経済研究所 未来企画室
※未来企画室は、2012年、社長直轄の新規事業開発チームとして活動をスタート。〝顧客の未来を創造する〟をコンセプトに市場調査会社の枠を越えた新たなビジネス・ソリューションの開発に挑む。2018年、既存の人材会社とは一線を画す〝ジョブオーディション〟型の採用支援サービス「SMARTER × SMARTER」(https://www.smarter2.biz/)を事業化、中堅企業・地方企業などの人材採用支援を開始した。

本書のご購入は、全国一般書店 あるいは 全国書店ネットワークe-hon、amazon.co.jp、楽天ブックス等をご利用ください。

株式会社矢野経済研究所
広報チーム
TEL 03-5371-6912(9:00~18:00)

【画像 http://www.dreamnews.jp/?action_Image=1&p=0000171871&id=bodyimage1

情報提供元:Dream News
記事名:「矢野経済研究所 未来企画室執筆の「アイデア発想法16 どんなとき、どの方法を使うか」が出版されました