アラブ首長国連邦アブダビ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- UAE降水強化科学研究プログラム(UAEREP)は、UAE副首相兼大統領官房相シェイク・ムハンマド・ビン・ザーイド・アール・ナヒヤーン殿下の後援の下でバーチャル開催された第5回国際降水強化フォーラム(IREF)で、第4期プログラムの開始を発表しました。世界中から革新的なプロジェクト提案の提出を受け付けます。



当プログラムでは、選ばれた降水強化分野の研究提案に対してそれぞれ、3年間にわたって年間最大55万米ドル、合計最大150万米ドルの助成金を提供します。当プログラムはこれまで3期にわたる開催を通じて、降水強化および気象改変の研究に関連するさまざまな分野を対象とした9件の画期的なプロジェクトに助成金を提供してきました。

関心のある学術機関、研究センター、その他関連機関は、2021年1月24日から3月18日まで、https://apply.uaerep.aeで事前提案をご提出いただけます。対象となる研究分野は、人工知能とアンサンブル・モデリングを使用した気象モデリング・予測、霧箱と統計手法におけるランダム入力を利用した降水強化効果の評価、新しい測定・数値ツールの統合を通じた降水強化システムの技術革新、革新的な降水強化モデルの活用などです。さらに、当プログラムはこれまでに対象となった分野へのサポートを継続し、受賞者の研究目標の達成を支援します。

国立気象センター(NCM)長で第II地区協会(アジア)会長のアブドゥラ・アル・マンドゥース博士は、次のように述べています。「IREFは今年、COVID-19のパンデミックが引き起こした前例のない混乱の中で開催されます。特に、パンデミックの開始から水の需要が一貫して増加しており、水安全保障に混乱が生じています。世界人口の半数近くが深刻な淡水不足に直面している中、UAEは降水強化に関する有望な研究プロジェクトへの継続的な支援を通じて、水不足の解消に向けた国際的な努力をサポートしていくことを目指しています。」

UAEREPディレクターのアルヤ・アル・マズルーイは、フォーラムでの演説の中で次のように述べています。「降水強化研究の進歩を支援する当プログラムの不断の努力の一環として、私たちは第4期プログラムを始動し、世界中の優れた科学者や研究機関による革新的なプロジェクト提案の受付を開始しました。最高峰の国際的な専門家と科学者のサポートを得て、対象研究分野に資する画期的なアイデアやソリューションを選定することを楽しみにしています。」

*配信元:AETOSWire

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Mohamed Al Muhairi, +971506621005
Malmuhairi@ncms.ae

情報提供元:
記事名:「UAEREPが第4期プログラムを始動、プロジェクト提案の受付を開始