ミュンヘン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- ゲーム、仮想電子商取引、3Dオンライン教育の分野において、3D深度センサーを搭載した拡張現実(AR)アプリケーションは、現実とデジタルの世界を結び付けるもので、強い需要があります。インフィニオン・テクノロジーズ(FSE: IFX / OTCQX: IFNNY )とpmdtechnologiesは、飛行時間型(ToF)技術を基盤とする3D深度センサーを開発しました。このセンサーは、市場の他のソリューションの性能を凌ぎ、より幅広く革新的なコンシューマーユーザビリティーを実現するアプリケーションをターゲットとしています。スマートフォンのリアカメラ向け3Dセンサー市場は、2024年まで年間5億台以上の規模に成長する見込みです。



インフィニオン・テクノロジーズのシニアバイスプレジデントを務めるフィリップ・フォン・シールシュテットは、次のように述べています。「インフィニオンとpmdtechnologiesの最新の3Dイメージセンサーによって、新世代のアプリケーションが実現します。このセンサーは、よりスマートで最も没入型のAR体験を生み出すことに加え、低照度条件でのオートフォーカス高速化や画像セグメンテーションに基づいて美しさが増した夜間モード肖像写真で写真の仕上がり向上を目指しています。イメージセンサー、ドライバー、処理の改善に加え、最低の消費電力で10メートルという前例のない長距離機能に関しては、間違いなくこの最新チップの開発が基準を打ち立てています。」

この新しいチップは、小型カメラモジュールへの搭載、ARでの短距離・長距離の正確な深度測定を実現すると同時に、イメージセンサーでの40%以上の節電によって低消費電力要件を満たします。

幅が広がった写真機能と長距離でのARユーザビリティー

新しいREAL3™ ToF センサーのは柔軟に構成できるため、さまざまな距離、ライティング条件、使用例でのカメラ性能の差別化を実現する方で、モバイルデバイスのバッテリーを長持ちさせます。新しいセンサーは、リアルタイムの拡張現実、長距離スキャン、小さな対象物の再構成、低電力の高速オートフォーカス、画像セグメンテーションのようなテクニックをさまざまなアプリケーションに提供します。動きのあるシーンの動画や画像で背景をぼかすなどの効果を、撮影後処理なしで周囲のライティング条件に関係なく、簡単に実行できます。

さらにシームレスな拡張現実のセンシング体験が実現されることから、短距離での解像度を失うことなく、最大10メートルまでの範囲で高品質の3D深度データを取得できます。モバイルARゲームなどの常時接続アプリケーションは、新センサーが少ないパワーバジェットしか必要ないことから大きな利点が得られるため、ユーザーはかつてないほど長時間のプレイができるようになります。部屋や対象物を再構成するための3Dスキャンや、家具プランなどの設計アプリケーションで使用する3Dマッピングのアプリケーションでは、このセンサーによって、現在市場に出回っているソリューションの2倍の測定範囲が可能になります。

このチップの大量納品は2021年第2四半期に開始します。デモキットはすでに提供中です。

公式プレスイベントのライブストリーム録画をご覧ください:https://livestream.com/infineontechnologies/real3

pmdtechnologiesについて

pmdtechnologiesはドイツのジーゲン、ドレスデン、ウルムに本社を置くファブレスIC企業であり、米国、中国、韓国に子会社を置いています。当社は、3D飛行時間型CMOSデジタルイメージング技術を提供する世界一流企業です。2002年に設立された当社は、pmdベースのアプリケーションやpme測定原理およびその実現に関する400件以上の世界特許を保有しています。pmdの3Dセンサーが対象とする市場には、産業自動化、車載用途、そしてスマートフォンなどの幅広いコンシューマーアプリケーションがあります。

詳細については、pmdtec.comをご覧ください。

インフィニオンについて

インフィニオンテクノロジーズは、生活を容易に、安全に、グリーンにする半導体ソリューションの世界的リーダーです。インフィニオンのマイクロエレクトロニクスは、より良い未来の鍵となります。2019年度(9月30日終了)には、当社は80億ユーロの報告売上高を記録し、従業員数は世界で約4万1400人となりました。2020年4月に米国を拠点とするサイプレス・セミコンダクタ-・コーポレーションを買収したことにより、インフィニオンは世界トップ10の半導体企業になりました。

インフィニオンは、フランクフルト証券取引所(ティッカーシンボル:IFX)に上場され、米国では店頭市場のOTCQXインターナショナル・プレミア市場(ティッカーシンボル:IFNNY)で取引されています。

詳細情報については、www.infineon.comをご覧ください。

本プレスリリースは、オンラインにも掲載しています: www.infineon.com/press

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media Contact
Sabrina Buxbaum
Director Marketing & Corporate Strategy
s.buxbaum@pmdtec.com
+49 271 238 712 800

 

情報提供元:
記事名:「最先端の写真仕上がりと没入型AR体験:インフィニオンとpmdが市場最長範囲の3Dイメージセンサーを提供