クラウディナリーにより、日本の有力オンライン旅行体験市場が無駄な支出をなくし、デジタル画像管理を大幅に改善

米カリフォルニア州サンタクララ--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 世界のトップ消費者ブランドの多くが採用するメディア体験プラットフォームを提供するクラウディナリーは本日、日本に本社を置く旅行ガイドブランドとして人気の高いベルトラが新規顧客になったと発表しました。トリバゴ、ホリデーチェック、Simplotel、Lastminute.com、Wynn、ヒルトン、トラベロッジなど、デジタル画像管理にクラウディナリーを使用する旅行・ホスピタリティー業界の企業が増えていますが、ベルトラはその仲間入りを果たしました。


ベルトラは、当社の高度な画像最適化技術を採用して、COVIDが旅行分野にもたらしている混乱に最大限の柔軟性とさらなる効率で対応できるようにしました。その結果、ベルトラ(TRAVELという言葉をもじったもの)は、世界的流行病後の娯楽体験の次なる段階で、市場が求めるすべてのものに対処できる態勢が整いました。

ベルトラのサービスプランニングアンドテクノロジー課長を務める松尾直幸氏は、次のように説明しています。「ベルトラは、旅行者や探検家の見込み客30万人超に人気のあるリソースです。しかし、加入者と提携ツアー事業者4000社が提供してきた大量の高品質の写真とビデオを扱うための従来の機能は、俊敏性に限界が出始めています。同時に、この必須リソースを支える固定費モデルは、過去数カ月にわたるこの世界的流行病の事態にあって、市場の急速な変化に柔軟に対応する当社の能力も制限し始めていました。」

この重要サービスを提供するためのより良い方法を追究したところ、新しい方向性にたどり着きました。つまり、アマゾンクラウドからクラウディナリーの“Cloudfront AWS”サービスとして提供されるコンテンツ配信ネットワーク(CDN)と画像最適化機能を使用することです。

これはさらに一層応答性の高い消費モデルを意味し、これにより同社が低迷期に未使用の容量に料金を支払う必要がなくなると、松尾氏は述べています。「残念ながら、COVIDは旅行業界に突然の低迷を引き起こし、その結果として当社ウェブサイトのトラフィックが大幅に減少しました。」

「これらの状況は、『季節変動に関連するコストを最適化する』という当社の目標を達成できるかどうかを試すものとなりました。」現在、その目標は、追加の利点、すなわち重要なプロセスである画像処理を見事に実現するという利点を伴って、達成されました。特に、ベルトラの経営陣は、当社のウェブサービスにおけるこの重要な機能を信頼できるサードパーティーに外注することを重視していると、松尾氏は付け加えています。

「私たちは画像を効率的に配信するために画像最適化ツールを使用してきました。しかし、ユーザーが目にするビデオコンテンツの解像度と品質について、当社のウェブエンジニアに決定させる代わりに、合理的なサイズで画像を表示することを専門とする外部サービスに任せるほうがよいのです。」

画像表示と応答時間の改善

ベルトラの新しい画像管理機能は、クラウディナリーの重要な実装パートナーでAWSエキスパートのクラスメソッドが構築しました。クラウディナリーの機能をベルトラのCloudfront CDNおよびLamda@Edgeと統合して、拡張性があり高忠実度の画像管理・配信ソリューションを生み出すことで、ページ表示に必要なデータ転送の総量は以前のサービスと比較して15%削減されました。

松尾氏は次のようにコメントしています。「私たちは画像表示と応答時間の改善にも気づきました。その結果、ベルトラのエンジニアは新しい観光地を追加し続ける、「一度の訪問」でお客さまの人生・生活が変わるという、当ブランドの中核的な約束を果たし続けることができます。」

また、クラウディナリーの画像最適化はサイズを自動変更して表示するために1つの基本画像だけで済むおかげで、松尾氏のチームは同じ画像のさまざまなサイズの複数バージョンを用意する必要がもはやなくなりました。

クラウディナリー がベルトラのために行う次の取り組みには、同社のコンテンツモデレーション機能を使用して、ぼかしやその他の画像処理など、旅行者にとってより便利なサービスを提供することに加え、写真に付けられたキーワードのタグに基づくツアープランの提案に役立つ機能が含まれます。

クラウディナリーについて

クラウディナリーの使命は、企業のメディアの潜在力を最大限に引き出すことで、触発とつながりをもたらす視覚体験を提供できるよう、企業の力を高めることです。世界で400億超の資産を管理し、7000超の顧客を有するクラウディナリーは、画像やビデオをオンラインでアップロード、保存、変換、管理、配信しようとしている開発者、クリエイター、マーケターにとっての業界標準です。その結果、アトラシアン、ブリーチャー・レポート、グラブハブ、Hinge、Lyft、NBC、メディアヴァイン、ぺロトン、ペトコ、アンダーアーマーのような一流ブランドは、市場投入期間の短縮、ユーザー満足度の向上、エンゲージメントとコンバージョンの向上など、クラウディナリーを使用して、大きなビジネス価値を見いだしています。詳細情報については、www.cloudinary.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Juli Greenwood
Director, Corporate Communications
Cloudinary
617-515-8412
juli@cloudinary.com

情報提供元:
記事名:「ベルトラがクラウディナリーを選定して、異例の事態の中での顧客体験を改善