約5000万人の加入者を持つロシア有数のデジタル通信事業者ビーライン・ロシアが、経験重視の自動化されたネットワーク運営へ転換するためにP.I. Worksを選定



イスタンブール--(BUSINESS WIRE)---(ビジネスワイヤ) -- ロシア有数のデジタル通信事業者のビーラインは、同社のネットワーク運営を変革して顧客体験を強化するために、P.I. Worksの高度なネットワーク・サービスと最先端の自動化技術を選定しました。

この提携により、P.I. Worksの年中24時間体制の自動化ネットワーク管理ソリューションと性能管理ソリューションをビーラインの無線、伝送、コアのサービスを含む2G、3G、4Gネットワーク向けに導入します。ビーラインのネットワークのインテリジェントな運営により、モスクワ、サンクトペテルブルク、クラスノダールで初期展開を開始しました。

ビーラインによれば、導入の初期成果は周波数帯リソースの点で、より高い効率を示しており、データ速度の高速化と信頼性に優れたサービスの道を拓いています。また、この導入により、容量、アクセス性、スループットの点で、ビーラインのネットワーク性能指標が大幅に強化されました。これらに、P.I. Worksの長年にわたる専門知識、グローバルな経験、ベストプラクティスが組み合わされ、ビーラインのネットワークをこれまで以上に競争力の高い顧客中心のものにしています。

VimpelCom PJSC(ビーラインのブランド)の技術開発担当エグゼクティブバイスプレジデントのValery Shorzhin氏は、次のように述べています。

「ネットワーク開発は引き続き、当社の戦略的な注力分野です。LTEネットワークは現在、ロシア人口の87%を占める都市で利用可能ですが、今後も野心的なネットワーク開発プログラムを通じてカバー範囲を継続的に拡大し、お客さまの関心に対応していきます。ビーラインは、構築されたインフラを最適化するために、ロシアの通信事業者として初めて、新世代SONシステムに移行しました。それにより、モスクワのネットワーク性能が向上し、高速データ通信が提供され、サービスの信頼性が向上しました。システム導入後、モスクワのモバイル・インターネット速度は27%増加しました。この新しいシステムにより、ビーラインは電気通信およびデジタル技術市場で、ますます顧客中心の企業となるでしょう。」

P.I. Worksのネットワーク・サービス担当ディレクターのZafer Gencは、次のように語っています。「独立系の自動化ベンダーであるP.I. Worksは、お客さまにとって最善の利益を最優先しています。当社の世界的サービスの専門知識に、マルチベンダーおよびマルチ技術の自動化ポートフォリオが相まって、ビーラインの品質、効率、変革の要件に対応できる態勢が十分に整っています。こうした能力により、ビーラインのネットワーク変革の現在と未来のニーズを理解し、Veon Groupとの提携範囲をさらに拡大できます。」

P.I. Worksの高度なネットワーク・サービスとネットワーク自動化ポートフォリオの詳細については、当社(marketing@piworks.net)にご連絡ください。

当社について

https://pi.works/2QjNUlX

---

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Media, P.I. Works, Melih Murat, marketing@piworks.net

情報提供元:
記事名:「 P.I. Worksとビーライン・ロシアが提携し、何百万人ものモバイル体験を変革