東京--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- 2020年3月、「日本機器メンテナンス協会(JIPM)」2019年度賞が発表され、目立ったのは中国製造業企業の受賞したアイテム数が再度欧米を超えました。その中、中国乳製品業界の活躍が特に注目を集め、中国の飛鶴(Feihe)が世界製造業のトップ賞「TPM賞」を入賞しました。中国の飛鶴(Feihe)は、産業クラスターの複数要素においてデジタル化・スマート化への立ち上がり、生産効率および製品品質を向上し、従来の酪農産業をスマート化への進化にしっかりと取り組み、JIPM審査専門家からの特級優秀クラスで評価されました。

日本機器メンテナンス協会(Japan Institute of Plant Maintenance、略称「JIPM」という)は、世界トップの生産管理評価および認証機関であり、または世界のもっとも権威性のある「ワールドクラスの製造」(WCM,World Class Manufacturing)の生産実施評価機構の1つであり、世界の製造業のもっとも流行的、先進的、全面的な生産管理方式を代表しています。TPM賞はJIPMが設立され、全員的に生産メンテナンス「Total Productive Maintenance」を実施し、且つある程度の実績をあげた企業に審査・賞賛を行い、世界製造業のトップ賞です。

「TPM」の評価標準が非常に厳しく、国際製造業の最高レベルを代表し、ユニリーバ、ボルボ、ボッシュ、テトラパック等の国際有名な製造企業も「TPM賞」を受賞したことがあります。近年、中国企業が「TPM賞」での活躍が際立ち、受賞したアイテム数がアメリカ、ドイツを超えました。2019年度、TPM賞を受賞した中国企業では、建築材料、ゴム・プラスチック製品、乳製品などの業界を含み、これらの企業は生産製造の中で、コスト、品質、効率、環境保護などの諸方面でもワールドクラスの標準に達しました。

以上のニュースはJapanews.orgより。


Contacts

株式会社Japanews
八木壮太
info@Japanews.org

情報提供元:
記事名:「日本のニュース: グローバル製造優秀賞「TPM賞」が発表し中国の飛鶴(Feihe)が特級優秀クラスで評価された