米カリフォルニア州アーバイン--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) -- CTCグローバルは電力線技術の新たな大成果として、ACCC InfoCore™(ACCCインフォコア)システムを投入しました。このシステムはACCC® Conductor(アルミニウム導体複合コア電力線)の適切な架設を迅速・正確に保証するものです。


ACCC InfoCore™システムは、世界中の電力会社、請負業者、架線作業員が実際の電力線架設で経験するリスクを低減します。これらの専門従事者は最善のツール、装備、現場状況であったとしても事故が起こり得ることを知っています。InfoCoreシステムはコア部分に特殊ファイバーを備えた専有的赤外線システムとロバストなデータ取得手法を採用することで、電力線の架線後の完全性を数分で確認できます。この機能は信頼性を増すため、電力会社や請負業者に比類なき価値があります。

CTCグローバルのJ・D・シットン最高経営責任者(CEO)は、次のように述べています。「CTCグローバルとその製造提携先は750件以上のプロジェクトでざっと10万キロのACCC Conductorの架設を支えてきました。架設を行ったのは50カ国以上の電力会社250社以上で、実質的にあらゆる種類の想像できる地形と生態系への架設となります。この膨大な体験の蓄積は、私たちに2つのことを教えてくれます。1つ目はACCC Conductorは適切なツールを使用して平易な取り扱い指針に基づけば架設が容易だということです。2つ目は現実世界があらゆる加工製品と工学的プロジェクトにとって容赦のない場所だということです。CTCグローバルの電力会社のお客さまは、各社がACCC Conductorを架設した後でその完全性を確認するための迅速・正確で使いやすい手法を求めました。InfoCoreシステムはこれを非常に効果的に行います。」

CTCの商務担当バイスプレジデントを務めるアン・マクダウエルは、次のように述べています。「当社チームはCTCの製造提携先や重要な電力会社と緊密に協力して、InfoCoreシステムの開発・試験・最適化に当りました。私はベルギーのモンス近くにおける66 kV電力線の更新で、エリア向けにACCC InfoCore Conductorを初めてフルスケールで商業展開できたことを喜んで発表します。更新した電力線は同地域における重要な新データセンターの役に立ちます。InfoCoreシステムはこの間、あらゆる期待を上回るものとなっています。」

CTCグローバルについて

CTCグローバルは、高性能・高電圧電力線ソリューションACCC® Conductorに使用される特許取得済み炭素繊維複合コアを開発・製造・販売する非公開企業です。CTCグローバルは世界中の電力会社や工業会社にサービスを提供しており、750件以上のACCC Conductorプロジェクトで使用されるACCCコアを提供してきました。これは今日運用されている高性能・高エネルギー効率の架空電線10万キロ近くに相当します。CTCグローバルはカリフォルニア州アーバインに本社を構えています。詳細情報についてはwww.ctcglobal.comをご覧ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

CTC Global
Tyler Dalton
+1 (949) 428-8500
tdalton@ctcglobal.com

情報提供元:
記事名:「CTCグローバルがACCC InfoCore™システムと初の商業展開を発表