香港--(BUSINESS WIRE)--(ビジネスワイヤ) --グローバル金融情報会社のムーディーズ・アナリティックスは、レギュレーション・アジアの2018年アワード・フォー・エクセレンスのリスク・データ管理ソリューション部門で最優秀賞を受賞し、規制報告ソリューション部門で特別推奨の栄誉を受けました。


リスク・データ管理ソリューション部門の最優秀賞の受賞では、当社のRiskFoundation™プラットフォームが評価されました。このソリューションは、企業におけるさまざまなシステムのリスク・データや財務データを1つのデータ・セットに統合します。バラバラなデータを1つのプラットフォームに統合することで、全社的リスクを包括的に把握し、地域や事業部門を跨いだリスク管理を向上させることができます。

ムーディーズ・アナリティックスの規制報告モジュールは、規制報告ソリューション部門で特別推奨を受けました。この包括的なソリューションは、銀行における単一のシステムでの規制報告要件の管理を可能にし、50カ国以上の規制当局に対する規制報告書の収集と提出を自動化および合理化します。

RiskFoundationプラットフォームと規制報告モジュールは、いずれも既存のシステムやムーディーズ・アナリティックスの多くのアプリケーションと統合することができます。また、両ソリューションは、オンプレミス実装だけでなく、パブリッククラウド、プライベートクラウド、ハイブリッドクラウドでのホスティングも可能な柔軟性を持っています。

ムーディーズ・アナリティックスのアジア担当ゼネラルマネジャーのShailendra Jainは、次のように述べています。「ムーディーズ・アナリティックスがレギュレーション・アジアのアワード・フォー・エクセレンスにおいて高く評価されたことを光栄に思います。当社のアジア地域のお客さまは、自動化と所有コストの削減に重点を置き業務の変革を進めています。今回の受賞は、当社の専門的知見、データ、および技術がお客さまのこうした目標の達成に貢献していることの証しです。」

レギュレーション・アジアの「アワード・フォー・エクセレンス」は、今年新設された賞です。レギュレーション・アジアが主催する同賞は、アジア太平洋地域の規制環境を形成する企業を評価することを目的としています。受賞者は、各分野の専門家とレギュレーション・アジアの編集チームで構成される審査委員会により決定されます。

RiskFoundationプラットフォームの詳細については、こちらをクリックしてください。

ムーディーズ・アナリティックスの規制報告モジュールの詳細については、こちらをクリックしてください。

ムーディーズ・アナリティックスについて

ムーディーズ・アナリティックスは、お客さまの成長、効率性の向上、およびリスク管理を支援する金融情報と分析ツールを提供します。当社は、卓越したリスクに対する専門性と広範な情報資源、テクノロジーの革新的な応用を統合して、今日のビジネスリーダーが変化する市場に確信をもって対応できるようサポートします。業界をリードする当社のソリューションは市場で高く評価されており、リサーチ、データ、ソフトウェア、および専門サービスを組み合わせて、優れたカスタマー・エクスペリエンスを提供することができます。当社は、その品質、クライアント・サービス、およびインテグリティに対するたゆまない取り組みを背景に、信頼できるパートナーとして世界中の数千の機関に選ばれています。ムーディーズ・アナリティックスに関する詳細については、www.moodysanalytics.comをご覧ください。

ムーディーズ・アナリティックスは、ムーディーズ・コーポレーション(NYSE: MCO)の子会社です。ムーディーズ・コーポレーションの2017年の売上高は42億米ドルで、世界に約1万2600人の従業員を擁し、42カ国で事業を運営しています。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。


Contacts

Justin Bursztein
Moody’s Analytics Communications
001.212.553.1163

Moody’s Analytics Media Relations

情報提供元:
記事名:「ムーディーズ・アナリティックスがレギュレーション・アジアの2018年アワード・フォー・エクセレンスを受賞